読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

高齢女性の貧困率52.3%からの脱出

・「平成22年版男女共同参画白書」では、

 65歳以上の相対的貧困率は22.0%、さらに 高齢男性のみの世帯では38.3%、 高齢女性のみの世帯では52.3%に及ぶという。ちなみにこれは等価可処分所得の 中央値(244万円)の半分(122万円)未満が、貧困状態にあたる。

 

 

・また、「平成25年国民生活基礎調査の概況」によれば、 高齢者世帯の平均貯蓄額は1268万1000円であるが、 「貯蓄なし」の世帯が16.8%あり、4割以上の世帯が、貯蓄額500万円に満たない

 

ということだけれど、なぜか周りの人は皆豊に見える。

どうしてかと言えば、色々言っても、単身高齢女性の世帯というのが少ないのだ。

 

だから、65歳以上で言えば11.5%、せいぜいが年寄の10人に1人が貧しさの中にいるということになる。

そう考えれば、ちょっと納得がいくかな。

 

どちらかといえば、私はこの1人に限りなく近い。

 

では、どうするか・・。

多分働き続ける事が一番なんだろうなぁ。

75歳まで働いていければ、何とか周囲に迷惑をかけずにいられる気がする。

一番簡単なのは、今の会社で再雇用してもらう事だが、正直、私はほとほと疲れた。

定年後、1年間の期限で週1回54000円という提示がされていて、それは受けようと思う。

しかし、斜陽産業だし、いつ資金繰りが悪化するかわからない。その苦しさを想像するだけで疲れ果ててしまう。現実では無く、想像なのでどうということはないのだが、それを跳ね返す若さが足りない。

とりあえず、75歳まで働くと決める。

 

次は何をして働くかだ。

 

 

スポンサードリンク