華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(65歳)を過ぎた独身女性、子供の無い不安、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

葡萄を貰った

姉が。

でも、食べるのは私。

 

 

f:id:seikotyan:20210924134159j:plain

今年の葡萄は、すこぶる高い。

だから我慢しようかな・・と、思っていたら葡萄が届いた。

めちゃ嬉しい!!

 

例え糖尿病に悪くっても、何が何でも葡萄は食べる。

今日は早く帰って葡萄の日。

 

しかしねぇ・・、どんどん物が騰がって食べられなくなってきた。

物価上昇率2%を確保なんて、買い物をしたことない人のセリフだ。

すごい勢いで物価は上がっている。

 

自民党の総裁選も結果が近づいてきた。

某候補者は最低補償年金とか、消費税を上げてその財源にするとか言っている。

まだ消費税が上がるのか?

「騰がる物、汝の名は税金」だよね。まったく。

 

低所得者に基礎年金を確保することで、生活保護を減らすというが、大体、いくらの金額で暮らせと言うのだろうか。

いや、いくらなら暮らせると思っているのだろうか。

生活保護程度の生活を保障するならば、生活扶助費78600円、プラス住宅扶助費、プラス医療費諸々・・

結局1人暮らしの平均15万円程度は必要となると、現在の基礎年金の倍以上となる。

 

それとも、かけている年数が少なくて、基礎年金を満額貰えない人に、基礎年金を満額渡すという事か?

そうだとすると、やはり暮らせない人は暮らせない。

なんか良くわからない話だなぁ。

 

最後までお読みいただき有難うございました。

 

スポンサードリンク