華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(65歳)を過ぎた独身女性、子供の無い不安、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

雪で外は銀世界。外出が面倒になる。

今日は朝から雪で、一面白くなった。

外は寒い!

屋内でストーブを焚いて仕事ができるなんて、幸せな事だ。

 

明日は新御霊で姉の所へ出かけなくてはいけない。

今年は姉も淋しいお正月を迎える。

あちこちで、訃報が届く。

両親とか姉妹とか。

そんな年頃になったという事だ。

 

友人のお兄さんに癌が見つかり、抗ガン治療をしていたが退院なされた。

寒いので、家から出ないようにと主治医からの注意だそうだ。

お兄さんの入院中に義姉さんも胃腸炎で入院されて、家族は大変だったそうだ。

子供達が、両親の今後について話し合ったそうだが、ついでに両親の経済状態は身包み剥がれて、子供達にすべて管理されることになったらしい。

と、いっても、同居同然でも食事は別に作らなくてはいけない。

経済的自由を奪われて、決められた食費だけ渡されるということらしい。

なかなか難しいな・・。

いつかは経済も誰かに任せなくてはいけないのだけれど、その時は、やはりちょっとショックかもしれない。

子供達は心配して家から出るなと言うのだが、誰とも喋らず、閉じ込められた様な生活はちょっと想像するだけでも苦しい。

 

歯磨き粉をアマゾンで頼む。

オーラルケア アパガードリナメル 120g

一々アマゾンで頼まなくてもドラッグストアーで売っていれば良いのに・・などと一人愚痴る。

コーヒーを飲むのを止めようと思うのだが、朝、ぼーとしていて、気付け薬がわりに、どうしても飲んでしまう。

ちょっと気を抜くと歯に色が付くような気がする。

それで、この歯磨きが手放せないのだ。

 

顔の手入れも、本当に好い加減になっている。

綺麗でいる人は、どれだけ頑張っているんだと思ってしまう。

できれば、髪にパーマをかけたいのだが、年内にその元気があるか、ちょっと自信がない。

やはり65歳を超えると、ちょっと疲労感があるような気がする。

年齢に逃げているだけかもしれないが・・。

国は70歳まで働けとか、高齢者も働き続けろとか言っているけれども、本気で言っているのだろうか。

人生100歳時代としきりに言っているけれど、100歳100歳といえば、80歳くらいまでは働くつもりになるか・・、なんて洗脳しているんじゃないだろうか。

 

 

スポンサードリンク