華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

絶対お薦め葡萄4種類(食べているからこそ言える)

 長野県を通ったらぜひ食べて頂きたい葡萄が4種類ある。

NO1 ナイヤガラ

 栄えある第一位。そんなに高価な種類では無いが、香りが素晴らしい。秋遅くまで樹に付けてあるものは黄色くなって、甘味がさらに増して美味しい。ゴールデンナイヤガラとも呼ばれる。もともと葡萄酒用の種類で、地元でだけ食べられていたが、最近では輸送技術が進んで地方へ送ることもできるようになった。たまたま秋に通りかかった市場で見つけたら、ぜひ一房食べてみてほしい。

NO2 長野パープル

 巨峰とかピオーネも栽培されているが、それらをぶっ飛ばす魅力の黒色系葡萄である。皮を剥かずに食べられる。味も濃い。1玉が大きく、食べた感があり満足させられる。長野県でのみ栽培されている秘蔵のお姫様である。

NO3 ブラックビート

 長野パープルにびっくりしたが、さらにそれを上回る種類が出た。それがブラックビート。長野パープルより、さらに大粒である。昔の葡萄の概念から考えると一粒の大きさが半端では無い。まだ、あまり多く市場に出回っていない。

NO4 黄甘

 ある日、スーパーに偶然数日間だけ出ていた。それ以来目を皿にして探しているがお目にかかれない。ジャスミンの香りがすると言われるが、仄かな芳香がして飛び切り甘い。熟すと黄色くて甘いので「黄甘」と名づけられたそうだが、そのままである。栽培量が少ないので、あまり市場には出ない。これも皮のまま食べられる。運が良ければ出会えるかもしれない。目についたらぜひ食べてみて頂きたい種類だ。

 

その他、長野県では色々な種類の葡萄が売られています。信濃スイート、黄玉、シャインマスカット、デラウエア、黄華・・その農園で特別の品種もあります。どれも美味しくて頬っぺたが落ちそうですが、ぜひ、この4種類がお目に留まったら、迷わず手にしてください。・・ネ。

スポンサードリンク