読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

借金を断る方法

安曇野だより

 産直市場には山菜が出始めました。知り合いのために行者ニンニクを買いました。スズランの葉によく似ています。ニンニクの香りがして体に良いそうです。薬味にする方も多いと聞きます。我が家では土筆のきんぴら、蕗みそが食卓に上がりました。苦味が大人の味です。

 

借金を断る方法

◇ それはお昼の1本の電話

 昨日の話です。お昼に1本の電話がかかってきました。2年ぶりくらいに効く声です。いつかも書いていますが、私は何人かにお金を貸して返済してもらえません。そのうちの一人です。

◇ まずは返済の話

 まずはご無沙汰していますという話から。そして、5月25日には返済できることになりましたと言ってくれました。8割くらい諦めていたので、思いがけず嬉しさがこみ上げてきます。連絡をしてくれたのも嬉しかったのです。

◇ 新たな借金の依頼

 そして、返済してない内に・・と、28日には返せるが、今80万円足りない。いくらかでも貸してもらえないかと続きます。どうして私は断れないのでしょうか。

 理由1  いつでも緊急。考える隙を与えない

  お金がいるというのは、いつでも緊急です。このお金も今日の資金。2時までに送金をかけなければ今日の資金としては間に合いません。色々考えている時間が無いのです。目の前には、まだ社長がいます。何をコソコソとといった顔で見ています。気分はヒヤヒヤで焦っています。これって、オレオレ詐欺に引っ掛かる典型的な心理でしょうね。なんて自分で考えています。

 理由2 手元にたまたま自由になるお金があった

  無いお金は使えないのですが、たまたま手元に使えるお金が60万円ほど有りました。勿論、今日明日使う用事が無いということで、5月の各種税金やら、連休の子供達が帰ってくる用意やら、もろもろの資金です。私の生活では大事なお金です。でも、なぜかそんな時、今日明日食べるのに困らなければ良いやと思ってしまうのです。本当に本当は、毎月お義理のために貯めている5000円の積み立て。そこにある90000円の内、半分の45000円。このくらいが、返せる時に返してねと貸せる事ができる金額でしょう。有り金全部叩いて貸せるなんて、馬鹿としか言いようが有りません。

 それもキャッシュコーナーから送った方が早く着くだろうと、3口に分けて、送金手数料が1944円もかかっています。アンケート1日1問2円をノルマにしているのに・・何てことでしょう。凄くやる事と考える事がアンバランスですよね。

 理由3 自分の昔を思い出す

  借金していて、返してもいないのに、再度追い借りをする。それも2年も音信不通にしていて・・。どんなにか困っているんだろうかと想像してしまいます。私にまで言うなんて、よっぽど困っているんだろうなぁと考えてしまうんです。私も資金繰りに困った時期が有るので、身につまされるというのが実感です。そして、送金しているはしから、このお金も返ってこないだろうなと思っています。この60万円の穴をどうやって埋めようか。あ~~~~頭の痛い事です。

◇ 借金を断る方法

 借金を断る方法は、見栄も外聞も無く「私、お金が無いんです。役に立てなくてゴメンナサイ」と言う事に尽きるのでしょう。それに、派手な生活はしない事。やっぱり無いんだなと思われる事。有るのに貸せないでは恨みを買いますからね。

 

 

ミカン類があまり出回らなくなってきました。このお店から買った「訳アリしらぬい」がお値打ちで美味しかったので、頑張って「露地栽培デコポン」を注文しました。

イスラエル産のミカンも美味しそうです。パイナップルの様なみかんとは??

それにしても、今回の60万で合計190万円。ぱっと失って、ミカン1個にウロウロしても仕方あるまいと自嘲しています。つくづく馬鹿。

スポンサードリンク