華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(65歳)を過ぎた独身女性、子供の無い不安、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

あるシスターの話

古い「暮らしの手帳」があったので、ふと手に取る。

「シスターのいちにち」というページがあった。

祈りと感謝と静けさに満ちた、修道院の一日が描かれていた。

それを読みながら、私は有る修道女のことを思い浮かべていた。

 

彼女は、1997年ネパールに渡る。

それは、貧しい家庭の自立と、幼児のケアの為に設立された保育園を運営する為であった。

滞在資格を得るために、大学院に入学し、学生と園長をこなしながら、約20年間幼児教育の基盤を作り、現地の修道会に保育園を託し帰国した。

その後もなお、ネパールの保育園の指導や支援、日本にいるネパール人の支援などをなさっている。

ネパール地震の時は、現地にも入られた。

日本へ帰国されたのは、70代になっておられた(?)と思うが、まだまだ頑張っておられる。

彼女は、本に書かれている穏やかで静かな生活ではないけれど、やはり自分の財産は何も持たず、神に祈る生活である。

 

毎日自分の欲望に振り回されている私は、フッと別の世界が有る事を知らされて、視界が開かれる気がする。

 

 

スポンサードリンク