華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(65歳)を過ぎた独身女性、子供の無い不安、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

日本の労働者の行方

日本は労働力不足で、海外から労働者を入れようと毎日TVで国会の様子が法会されている。

でも、かねがね、本当に労働力不足かな?という疑問はあった。

いや、ちょっと違うかな・・。

食べていかれる職が有るのかな・・という疑問があった。

だって、時給1000円だって、月20日働いて16万円、これから社会保険料を差し引かれ、手取りはぐっと落ちる。

2025年までに50万人の労働者を受け入れるというが、

10月末に総務省統計局が出した統計によると、日本には、すぐに就業可能で求職中にも関わらず、全く仕事に就けない「完全失業者」が162万人いるという。

さらに、内閣府が出した『子供・若者白書』では、若年無業者NEET)と呼ばれる人が71万にいると書かれている。

すでに、適職が無く働けない、もしくは働かない労働者が233万人いることになる。

これらの人に、さらに、高齢者も働けといっているから、潜在的な労働力はもっと増える。

賃金は安い方に振れるので、海外労働力が安価に提供されると、日本の潜在労働力はそれと競争しなくてはならなくなる。

 

先日、友人が

100万円で家を買い、週3日働く (光文社新書)

を読んだと言っていたが、現実には、いかに田舎でも、いや田舎だからこそ週3日働いただけで暮らせはしない。

 

阿部さんは、オリンピックに向けて建設労働者が足りない、と力説していたけれど、現実には生活していかれる給与のある職場が足りないだ。

ある程度の給与の保証が有れば、日本の162万人の完全失業者も解消するのではないだろうか。

そんな事、エリートぞろいの官僚は十分承知だろうけれど、大手企業の安い労働力をよこせ、という声に負けているんだろうか。

利益を出す、最も効率的な方法は労働力の搾取だから、企業にとって労働力は安ければ安いほど良い。

勿論、その恩恵に浴している自分がいるのだが。

その意味は、安い食品、安い衣類を喜ぶ私である。

スポンサードリンク