華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(65歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

イジメはいけないって教えても、それだけじゃダメよね

空飛ぶタイヤ」を聴いていると、「イジメ」が手を変え品を変え出てくるのよ。

空飛ぶタイヤ (実業之日本社文庫)

銀行の融資の引きはがし、やっと、自動車会社の欺瞞が週刊誌に暴露されるかと思うと、広告料を盾にした記事の差し止め、人事の移動、仕事を干して退社させようとする手口。

いや~なかなかのものよ。

つい最近では5歳の女の子に対する両親のイジメがあったわね。

世界はイジメに満ちている。

だからね、イジメはしてはいけない事と教えるのも大事だけれど、それ以上に、イジメをどうかわすかという事を教えてあげなくちゃいけないと思うんだ。

特に、これからの小さい子供達にはね。

ところが、現実には子供だけではないわ。

知人は職場のいじめで仕事を辞めたのだけれど、ハローワークでの求人は40代ギリギリ。

52歳の彼女は職が決まらないと言って、泣いていた。

まだ仕送りをしなくちゃいけない子供がいるんだって。

大変よね。

ハローワークだけじゃなく、あちこち知人に声をかけて仕事を探しているようだけれど、早く仕事が見つかる事を祈っているわ。

スポンサードリンク