華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

喋りたいこと、あれこれ

 明日からお休みで、明日はガソリンスタンドの秋の何とか祭。ご招待状が来ていて、配った人の成績になるので姉が連れて行ってくれとのこと。しょうがないので出かけてくる。10年程前は、お土産に結構立派なスリッパをくれたり、協賛の会社が売店を出したりしていて賑やかだったのだが、ここ数年は会場も狭く、出品してある商品も少なく淋しい限りだ。そう言えば、昔は農協祭も賑やかだったけれど、今はやっているのか、何なのか分からないくらい淋しい。本当に世間は好況なのか、それとも日常に商品が溢れていて、物珍しくなくなったのか。

 そういえば、松本に巨大なイオンモールができてた。行って来た?と言うのが合言葉になっているが、もう歳で、莫大な商品の量に対応することが嬉しくない。昔はたくさん商品が有るとみて歩くだけで楽しみだったけれど、今は人酔いする。いるだけで疲れて熱が出てくる気がする。ほんの数年前はそんな自分の衰えに、自分自身が納得できないでいたが、今年はしっかり納得である。

 日月火と瀬戸内海と小豆島、台風が来ている様で、バッチリとランデブー。なにも、たった3日くらい、晴れたっていいじゃないとか思うけれど、何事も自分の思う様にはならない。そして、今朝は起きるのが辛かった。昨日は8時半には床に就いたのに、10時頃には目が覚めて朝方までウトウト・・。結局ここ数日無暗に眠い日が続いている。思うに食生活が悪いと感じているが、改善までいかない。微妙に熱っぽくて怠い日が続いている。きっと、日曜日の朝は、旅行なんてどうでも良いから寝かせてくれ~~という心の声を聞きながら出発することだろう。でも、出かけてしまうと楽しいのだ。問題は帰ってからで、そのまま次の日から仕事に出る。アドレナリンをしっかり出して頑張らねばね。

 再雇用の願いを会社に出して、70歳まで働こうと思い、年金繰り下げの計算をして一人で喜んでいたが、ここ数日の具合の悪さで、もうめげて退職したいと心の中で騒いでいる。元気な時は、どうせ仕事をしないで暮らしはいけないし、慣れた仕事でなら頑張れるかと思ったけれど、泣きが入る。社長との話は微妙にずれているけど、無理やり無視して働くと周りにアピールしたので、やっぱり辞めますとは、流石に言えない。でも・・・、もう辞めたいよう・・。

 私の後任に一人ヘッドハンティングしていた女性がいるのだが、ダメだった。まぁ、この会社に就職すると言われれば、私が退職しなくてはいけなかったので、結果オーライと言えばいえる。長野県の最低賃金が795円。1ヶ月働いたとすると、127680円。それを考えると、女性でそこそこの給与(多分基本給250000円くらい)で社会保険完備、土日祭日休み。残業無し。昼食手当あり。はこの田舎では美味しい職場である。それも40歳過ぎでの事務職の就職は難しい。どうして断るかな???と思うけれど、断るんだな。まぁ、私と同じことを考えないということだ。仕方が無いか・・。多様性の社会だ。

 お金って、有ると楽しい。例えば旅行に行っても、お土産を財布の中身と相談しなくても買える。チビ娘たちに洋服でも何でも気にせず買ってあげられる。まあ、その程度の贅沢ではあるが、そのためにも働かなくっちゃ、そのお金もでてこない。でも、理想は(「天に星、地に花」に書かれていた)つる婆さんのように死ぬまで働いてぽっくり死ぬのが理想だから、働くという事に異議はない。ただ、体力の低下や、自分の体調に左右されることが多くなってしまった。

 今日はブックオフに本を出した。荷物を予約した時間に取りに来てくれて、本当に便利。さて、出そうと思い本を整理し始めると、読んでない本がゾロゾロである。1冊読んでから次の本を買えばよいのだが、いつか読みたい本、読まなきゃいけないだろう本、持っていたい本などがゴロゴロである。思い切って手放したくせに、また買ってしまった本も多い。キンドル本はその点素晴らしい。嵩張らないでとても良い。unlimitedは更に読み放題だけれど、端末に残す冊数が決まっているのがちょっと不満である。それに、お金を出して買いそうな本はあまりunlimitedには収録されていない。黒川博行の「疫病神シリーズ」が面白くて1日読んでいたら、夕方鏡を見ると目がおかしくなっていた。ちょっと危ない感じだ。体力も無くなったけれど、目力も無くなった。

 本は「疫病神シリーズ」を読んで、通勤の行き帰りには「ST警視庁科学特捜班シリーズ」を聞いて、頭の中はごちゃごちゃである。ちょっと毛色の変わったものも読まなくてはいけないが、ずぶずぶと泥沼に嵌ると抜け出せない。

 友人のコンビニで20代の男性が40代の女性と付き合っている様で、待ち合わせて帰るのが問題だと言っていたが、どうってことないじゃないと思う。会社で10歳ほど年下の男性が朝に夕方に近づいてくるが、単に人恋しいだけらしい。本人は「回りは出来てるって思っている」と言うが、顔を洗って出直して来いという気分だ。とりあえず、職責上、ニコニコ優しく皆の世話をやくのも給料の内と思っているので、拒否はしないけど、それであれこれ言われるのは堪らない。

スポンサードリンク