華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

走って去っていく私のお金

90をだいぶ過ぎて一人暮らしをしている隣のおばあちゃんが、寒くなったので娘のいる東京へ行くと言う。
4月には帰ってくるつもりらしい。
娘も孫もいる東京よりは、一人暮らしでも田舎が良いらしい。
でも、元気で自分の事は自分でできるし、歩いて15分程のスーパーにも一人で買い物に出かけている。
まぁ、幸せというべきだろう。

いつも娘さんからお土産を頂いているのに、お返しが用意できずにいたのでリンゴを5kg送ることにした。
後、高校の友人へも5kg送る手配をした。
今年は思いがけない貢君だったので、少しは節約しようと思い、去年は彼女に長芋とリンゴを送ったけれど、今年はリンゴを止めようと思ったが、やはり送ることにして2件で9460円の出費。
お足と言うけれど、本当に走って去っていく私のお金だ。

えい!と投げ縄をかけて、首をひっぱりながら惹きつけておく方法は・・・、無いな。

 

昨日幸せだと思った事

1.源泉徴収票が出た

  11月で退職した人の源泉徴収票がだせた。

  え~ん、良かった!

2.お菓子をもらった

  手作りのお菓子を貰う

  姉は知らない人の手作りは気持ちが悪いという。

  ふん!恩しらず。

3.届け物ができた

  姉から頼まれた届け物ができた。

  面倒だけれども、結構頑張って届けてきた。

  何度も私にお使いさせて、自分でいきな。と心の中では思っていた。

  ともかく、やれやれ。

スポンサードリンク