華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

ゴールドラ・フランス

 佐藤優さんのメルマガを読んでいて、「はしゃぎながら夢をかなえる世界一簡単な法」という本を勧めてあったので、パラパラと読む。お金の使い方も書いてあって、喜んで使いなさいといういうような事が書かれていた。佐藤さんは、結局、倹約して貯めるより、どの様にしてお金をばら撒くかとか、その方法とかを書くことが多い。そんなこんなで、元々お金を振りまくのが好きな私なので、先日のお金も「コツコツと貯めていたので、あの方の役に立って良かった良かった」と思うことにしようと考えた。

 

www.seikotyan.com

 3回心の中で言ってみたけど、 なかなか綺麗にお金を使うのは難しい。

 

 黒川博行絡みで 後妻業 (文春文庫)を読むが、なかなかどぎつくて、年寄りを鴨にしてお金を稼ぐのも大変だと疲れる。毎回サファイヤやルビーの大きな指輪やブランドのバッグを持つほどのお金はいらない。ちょっと美味しいものが食べられて、他人に贈り物が出来る程度の贅沢がしたい。

 

 甥のチビ娘は本を読むことと、食べる事と、TVを見る事には熱中するというが、本を読むのが好きというのは、外の世界に繋がる意欲が有るという事だろうし、食べることが好きというのは、命を繋ぐ事も大丈夫だということだろうから、それ以上、勉強をしろとか、家の手伝いをしろとか言っても贅沢というものだ。なんて考えていたら、カゴメから洋ナシの広告が入った。凄く美味しそうな洋ナシである。

shop.kagome.co.jp

 だいたい、果物の中では洋ナシは安い。それが、これは大凡1個1000円程度。口が曲がる。でも、美味しいものを食べると幸せの感じがするじゃない。チビ娘に食べさせたくて送る手配をする。もう、なんやかんやお金の使い放題である。

スポンサードリンク