華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

年を取ると、新しい事に対応する力が減ってくる

携帯電話とタブレットを新しくした

タブレットを新しくした。

携帯が音が出なくなったので携帯を変えに行ったのだが、ついでに見ていたタブレットも替える事になってしまった。その理由は、新しいタブレットならこのブログが書けるかなと思ったのだ。以前のブログだと文字を入れると、殆ど読めなくてイライラが増すだけだった。一回り大きいものにした。これなら写真も入れて1台で万能かと期待した。

そして、新しいタブレットは・・やっぱり入力しにくい。ダメか。楽しようと思ってもなかなかうまくいかないものだ。でも、キンドル本が読めて、Audobleが聞けて、メールが読めて検索が出来れば良いのだ。まぁ、最低ラインはできた。合格としよう。

 

旅行後の不調  

さて、ベトナム旅行後、歯茎が腫れてとても苦痛であった。理由としては、水道水を気にしていたので、歯磨きもペットボトルの水を使っていた。ちょっと歯磨きが足りない感があった。そして帰りのベトナム航空の混み具合が凄くて、しっかり肩が凝ってしまったらしい。ようやく一昨日くらいから普通になってきた。

結構、今使っている歯磨きが凄いなと思う。

 

www.seikotyan.com

 何故か歯の調子が悪いと血糖値が上がる。何故か過労気味だと血糖値が上がる。と、いうわけで旅行後の病院の定期検査では、主治医の先生がしばし無言。まぁ、もう1ヶ月だけ様子見と言う事で、これがダメならちょっと危ない。ちょっと無理をすると、へ~へ~である。しかし、遊んで歩いての事なので黙って耐える。結局ベトナムではホテルのサービスで付いていたフットマッサージ以外は行かなかったのだが、帰ってきてマッサージに行ってしまった。

近くのお店で60分2980円。ベトナム並みの安さではある。2回目のお店だけれど、施術者は初めての人であった。

私は週に1回整体に通っている。時間は1回20分程度で、骨のバランスを見てくれる。始めは姉の紹介で通い始めたのだが、その頃は胸の閉そく感が強くて、あ、私は長生きしないな。と思っていた。もう、3年くらい通っているが、胸の閉そく感は綺麗にとれた。その後も足の痛みや背中の痛みも調整してもらっている。私とは相性が良いらしい。一昨年よりは去年、去年よりは今年と治療後の成果を感じるようになってきた。その反面、別の所でマッサージをしてもらうと、何となく不満が募る。良し悪しだと思う。

急に切り替えができない、心も体も

年を取って思う事、切り替えがうまくいかない。若い時の様に次への行動がピッピと進まない。体調が元に戻らない。無理をすると息切れがする。まったくとんでもないことだ。某党の党首が年寄りは資産があるので、資産の無い若い人達へのお金の流れを考える。中福祉、中負担を考えていくと言っていたけれど、資産のある年寄りだけではない。資産の無い年寄りはどうするんだと思いながらTVを見る。年寄りは高齢になれば医療費の自己負担は1割になる。介護保険で家で暮らしてもゴミ出しや買い物くらいしてもらえる。年金は物価スライド制だから、少ないけれど物価と連動して、今程度の価値はあるだろうと考えてきた。ところがびっくり、ちゃぶ台返しの大技連発。年金はマクロスライド制で、物価上昇率ー1%物価下落率+1%で目減り。医療費の自己負担率は将来3割に、介護保険で支援は無しに・・。この年で人生設計をやり直さなくてはいけないじゃないですか。どうしたものやら。

スポンサードリンク