華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

逆転満塁大ホームラン!

決算がギリギリまでかかり、その上、償却ができない資産があったりして、当初より税金が増えた。

え~ん、こんなギリギリに変更かよと思いながら資金繰りをする。

偶然、6月に大きな仕事が何件かあり、仕入れが発生したため今月末は支払いも多い。

7月中の入金は無理だなと踏んで、2重、3重の資金繰りをする。

大体、末日の入金を当てにして、末日の支払い予定をたてるなんざぁ、愚の骨頂と思うけれど、お金が無いんだから仕方が無い。

う~ん、8月の1日に落ちる社会保険料は、朝一番に銀行に廻る。1日は集金の入金も有るので、1日の中では落とせるのだが、銀行から連絡が来ると、社長が嫌がるかな・・、などと考えながら、さてさて・・、できることからやるしかないかと考える。

月末が日曜なので、社会保険料も税金も8月1日の支払いになる。

この1日は結構大きい違いなのだ。

それで、給与の支払いを終え、業者への支払いも終え、今日の入金を調べる。

何と!逆転満塁大ホームラン!

銀行通帳の最後に大口の入金が3件。

これで大凡、お盆前までの資金繰りができた。ほっだよ!

凄く嬉しい。

やらなければいけない仕事はまだまだ有るんだが、まぁ取りあえず今月はセーフだ。

 

おおあたり

が出ていたので、つい買ってしまう。

病弱な若旦那が妖しに囲まれて暮らす話なのだが、若旦那の病弱ぶりと、それを守っている兄や達の過保護ぶりが面白い。

今回は妖し達を助けに、若旦那は麺棒とお盆を持って助けに行く。

きっと熱を出して兄や達に怒られるのに・・、たいして強くも力も無いのに・・・

でも妖し達は、若旦那が助けに来てくれることが結構嬉しい。

昨日読んだ「玉依姫」も山神の「椿」を生涯支えると決めた娘の話だ。

財力とか、美貌とか優しさとか備わっている付帯でなく、そのもの本体を認めていくのは結構難しい。

難しいから、このように本となるテーマなのかもしれない。

 

 

スポンサードリンク