読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

毎日を繰り返す尊さ

大寒波襲来というが、本当に寒い。

皮下脂肪はたっぷり付いているんだが、脂肪も固まっているんじゃないかしらん。

この様な日は、朝起きると新聞が配達されている事にも感激する。
毎日、毎日暗いうちから、寒さの中で新聞を配達する人は本当に偉いと思う。
吹雪きの中、郵便を配達してくれるお兄さんにも感謝だ。
私などは吹雪の日は銀行回りをさぼって、事務所でストーブのお子守だ。

 

会社には男性の独身が何人か居るのだが、朝起きるたびに、この寒さの中一人起きて、食事をして(しないかもしれないが・・)、毎日雪の道を通勤し、又暗い家に帰っていく。
つくづく偉いと思ってしまう。
若ければ良いのだが、私と同年代だ。

毎日同じように身を養い、眠り、勤めに励む。
何て偉いんだと思ってしまう。

 

頑張れ高齢者諸君!何気ない毎日が日本を作っているんだ!

なんて、自分で自分を鼓舞して、今日も寒い道を運転して帰ります。

皆がやっていることで、たいした事では無いんですけどね・・

ちょっと寒さに疲れてしまった。

スポンサードリンク