華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

細やかな幸せ

私の車の後部座席にゼリーがひとつ転がっている。
先日甥の家族が来て昼食を食べた時、甥の娘(3歳)がお子様ランチに付いてきたゼリーを帰りがけに私にくれたのだ。
そのままポンと放り出してあるのだが、目につく度にちょっと心が温かくなる。
遊びに来て出かけると、車が危ないので、母親に言われているらしく近くの大人の手を繋いでくる。
私の手をとってくると、身近に子供がいないので、それもちょっと新鮮な驚きで心が喜ぶ。

昨日はその娘からハガキが届いた。
暗号のようなひらがなで「おともだちだよ」と書いてある。
う~~ん、私はあなたのお友達かい・・と思いながら、嬉しさがこみあげてくる。
実に不思議だ。

 

スポンサードリンク