華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(65歳)を過ぎた独身女性、子供の無い不安、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

歯医者で青菜に塩

昨日は歯医者で神経を抜いてもらって、青菜に塩状態で家に帰った。

でも、貰った鎮痛剤が効いて、睡眠薬も効いて、夜はよく眠れたのでやや復活である。

 

朝、会社で、どこに置いたか忘れたボールペンを見つける。

素直に嬉しい。

昔は、何処かに忘れ物をすると、同僚があわてて届けてくれたが、度重なると、私が見つけるまで、そのままそこに置きっぱなしにされるようになった。

 

いつも忘れ物をするのは恥ずかしいので、私も黙って探す。

 

ボールペンは、気に入ると替え芯をダースで買うので、ホルダーを無くすと、その替え芯が無駄になる。

3色ボールペンなら3色がダースで無駄になる。

では、ホルダーを買いなおせばよいと思うのだが、何故かホルダーもいつまでも売っていない。

次から次に新しい商品が出てくるので、同じホルダーを買おうと思っても、すでに売っていないという状況になる。

 

私のボールペンは、すでに2年くらい使っているかな?

これからは、ホルダーを2本づつ買おうかしらん。

 

と、いうことで、大したボールペンでは無いが、使い慣れたものが出てきた事は素直に嬉しい。

わりと文房具が好きで、可愛いボールペンやシャープペンシル、便箋などを買ったのだが、最近はあまり浮気をしない。

理由は、手紙などほとんど出さないので、便箋など使わないし、ボールペンはむやみに買うとホルダーまで捨てなくてはいけないのがもったいない。

今の人達は、ボールペンの芯まで変えて使わないのかしらね。

ホルダーごと、ポイポイと捨てているような気がする。

 

多分、今持っている筆記用具だけで、死ぬまで持ちそうだ。

それだけ、書くという作業を、しなくなったともいえる。

 

同様にバッグなども最近は買わない。

かつては袋物が好きで、可愛い袋物を見るとつい買っていた。

値段も安いしね。

しかし、これを買うと、今持っている物の出番が無くなると思うと、やはりちょっと買うのを控える。

 

だって、これからどれだけ使うかわからないものね。

 

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサードリンク