華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

私だったら月3万円で生活できるか

一時、お金が欲しかったのだが(まぁ、今でも欲しいけれど・・)、会社の同僚に何が欲しいのだ?と聞かれ、う~んと考えてしまった。

腕時計か?と言われたが、もう30年前の手巻きの腕時計を使っている。

洋服も裸でなければ良い会社なので、4,5枚をとっかえひっかえで、いい加減にしないとと思いつつ、寒いので単に暖かければ良いとしている。

それでも、この所、財布の紐が緩みに緩み、分不相応なお金の使い方をしてしまった。

これってなかなか治らない。

定期預金は解約することがあっても、新規に作ることはここ1年無かった。

定年後に給与も半分になるというのに、これからどうやって暮らしていくのか・・と不安でいっぱいである。

そんな中で、友人のお兄さんの話がでた。

長年自営で働いてきたが、高齢と病気のため、息子さんに仕事を譲られた。

仕事場と住宅は同じ場所にある。

息子さんに仕事を譲られるとき、仕事上のリースとか、借入の残も若干あったらしい。

そして、最近の話・・。

年金の通帳も息子さんに取り上げられて、月3万円で暮らすようにと言われているとのこと。

電気ガス水道、最低限の食費は息子さんが出してくれる。

 

でも、薬代、病院代、ちょっとした贅沢品はすべて3万円から。

毎日通っている市民浴場代が1万円/月、保険代が15000円。

年齢は75歳、まだ元気。免許は返納。

子供がいても、なかなか大変だねぇ。

月3万円ねぇ・・。

スポンサードリンク