華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

お友達が出来ないんだよね。チビ娘の嘆き

父親の勤務地に転校して漸く1ヶ月。

チビ娘から電話が入る。

おばぁちゃん(姉)に話しているのを何気なく聞いていると、

「なかなかお友達が出来ないんだよね・・」

う~~ん、

小学校の頃のお友達というのは難しい。

トイレに行くのも、班を作るのもお友達だったものね。

学校の遠足や旅行で班を作るのに、誰も読んでくれなかったらどうしよう。

もう色々出来上がってしまっているテリトリーに割り込むのは難しい。

 

毎日かあさん14 卒母編

毎日かあさん14 卒母編

 

 この本に西原さんの子供の頃の話が載っていて、スポーツと勉強ができなくて、クラスで苛められ、隠れて通学していた。

なんて書いてある。

でも、何とかなったんだなぁ。

終わってしまえば一瞬だ。

 

しかし・・、苛められたり、無視された時の対応というか、かわし方を教えてくれる本は無いものか。

解決しないじゃないか。

 

 

でも、どこにでもあるからね。意地悪なんて。

私も50歳過ぎて、この会社に入社して、コピー機の使い方を教えてくれと言ったら無視された。

同じ人が退職する時、社宅だったので、引っ越しをする新住所を聞いたら教えてくれなかった。

別に良いけどね。源泉徴収票とか送れないじゃない。困るのは私じゃないもの。

 

QED 河童伝説 (講談社文庫)

QED 河童伝説 (講談社文庫)

 

 この本とか読むと、苛めなんて言葉が可愛い気がする。

古今、苛め合いをして生存競争を生きてきたんだ。

だって、多分、今の私は良い人だけれど、良い人なのは世渡りに楽だからという理由だ。

尖がって生きていくと、あちこちぶつかって痛いじゃない。

そして、ついでに友達という事を考えてみた。

この前お金を貸した人は友達か??

ちょっと違うな

 

 

スポンサードリンク