華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

え~い、年寄を馬鹿にするんじゃねい!

昨日の新聞に要介護1、2における家事支援を見直すと書かれていた。

つまり、在宅の高齢者に食事を作ったり、掃除をしたり、買い物をしているのを介護保険から外すということらしい。
食事は、今は宅配のお弁当業者が増えているので、それを利用しろということらしい。

政府は介護離職0とか言っているけれど、将来を見据えて介護施設は増やさない、長期療養型の病床は減らすといっていて、そこに追い打ちをかけて家事支援を無くしてどうやって暮らせと言うのだろうか。

今、車で30分ほどの距離に80歳を超える叔母が一人暮らしをしている。
脊髄館狭窄症で腰が悪く、足も痛いらしいが、トイレなどは自分でできる。
週2回、ヘルパーさんに30分来てもらい、掃除とゴミ出しストーブの給油などをしてもらっている。
これからますます年を重ねて、これらの家事支援をしてもらえなくなり、どうやって暮らしていけというのだろう。
だいたい、足腰のきかない年寄にゴミだしをどうやってやれというのか。
お金でもタップリあれば良いけれど、世間を賑わしているオレオレ詐欺に騙されてしまったような高齢者はほんの一握りだ。

実はほんの少し私は期待していた。
年を取っても、ゴミだしと灯油の始末だけ介護保険を使って、買い物はネットスーパーを使って何とか自宅で暮らしていかれるんじゃないかしらと。
お風呂はデイサービスで入れるだろう。
甘い期待らしい。
せっせと介護保険を払っても使えないじゃないか。
使う時には自己負担が高くてとても払えないことになりそうだ。
結局、支援策というメニューはあっても時価で高くて手が出ないという事か。

消費税は福祉に使うんじゃないのか?
何が何でも消費税を上げるなとは言わないが、福祉に使うと言うのなら、今現在これこれにこれだけ掛っていて、2年後5年後にはこれだけ掛り、いくら足りなくて、その為にこれだけ消費税を上げてこの水準は確保するという説明があっても良いんじゃないか。

だいたいが、復興税だって、なぜか企業の復興税は廃止され、個人の復興税はとられているのに、まだ仮設から出られない人がいるのはなぜだ。
取るならとるで、ちゃんと使ってなぜ復興は進まない。
これだって、国民からの復興税はこれこれで、復興に使ったお金はこれこれで、こんなことに使いましたと説明が無い。
野党もなぜ黙っている。

1億総活躍時代とか言っているけど、今の人口は1億2694万人。2694万人は捨てられている。
まぁ、当然私は捨てられる2694万人だろうが・・。

言葉はかっこ良くて綺麗だけれど、具体的にどうするんだ。

どう活躍することができるんだ。ちゃんと具体案を示して欲しい。

「君は本当は綺麗なんだよ」なんて言われても、それだけじゃ綺麗になんかなれない。

美顔をして、ダイエットして、洋服に気を遣い、ヘアーカットもしてようやくちょっとはマシになる。口先三寸で言っていれば女は喜ぶなんて・・女と年寄をなめんじゃないわ。

 と、まぁ、なぜか熱くなり、品の無い・・。赤面。

スポンサードリンク