華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

年賀状が来なかった理由

あっという間にお正月気分は消えていく。

と、いっても本当に寝正月であったが。

TVでは、成人式の着物に25万円とか35万円とか言っている。

やはり世間は景気が良いのかしら?と考える。

それについても、去年お金を貸した相手はナシの礫であった。

会社でも付き合いのある相手なので、毎年年賀状は会社から出していたし、来てもいたのだが、今年は年賀状も来ていない。

私にはもうお貸しできるお金が無いという意味では、連絡が途切れる事は有難いのだが、親分肌の人で、私も幾度もお世話にもなったので、ちょっと淋しい。

それに会社同士の付き合いは別な気もするが・・

年賀状を出せない理由があったのだろうか・・

(例えば会社の資金繰りが大変で、会社自体それどころではないとか・・)

年を取ってからお金に追われるのは辛いな。

それも多分商売のお金。

きったはったの手形の始末とかは、大変だ・・。

私自身は、とりあえず、生活に必要な電気ガス水道代を払えて、何は無くともご飯が食べられて、継ぎは当たっていても、着るものがある生活を有難いと思わなくてはいけない。

贅沢言っちゃいけないな。

スポンサードリンク