読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

無料低額診療事業制度

今日は病院の定期検査。

診察代2700円、薬代7800円。

凄い!

 

待合室でボーとしていたら、TVに

無料低額診療事業 制度

 (無料低額診療事業とは、低所得者などに医療機関が無料または低額な料金によって診療を行う事業です。)

の放映がされていた。

この病院は、以前窓口で「お金が無かったら、年金の時でも大丈夫ですよ」と看護婦さんが高齢の男性に話していた。

保険の無い海外の人にも対応しており、時々たどたどしい言葉の人も見かける。

差額ベットも無い。しかし、ステイタスが好きな人には「貧乏人の病院だ」と言われているらしい。一人私は笑ってしまった。そうです。私は貧乏人です。

でも、看護師さんは優しいし、駐車場も無料だ(ステイタスの某病院は駐車場代が馬鹿にならないそうだ)医師も県内では5指に入る。私には充分だ。

スポンサードリンク