華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

大雪だ~

大雪警報が出ている。

ドキドキだ。

年寄には雪かきが大変なのだ。

家に帰っても入れるだろうか・・。

本当にこのまま春になんてしてくれないんだなぁ。

若冲

 

澤田瞳子に魅かれてこれを読む。

若冲の絵には強烈な色彩と生命力を感じていたのだが、彼女(澤田瞳子)は若冲の絵の動機を妻の自死に設定した。

私の想像する若冲像とはまるで違う。

若冲の時代を生きる画家達の多彩さ。

谷文晃、丸山応挙、与謝野蕪村。

この時代の絵の中で、どれほど若冲の絵が異端であるか、なぜ書かずにいられないかが明らかになっていく。

 

ちょっと夢中で読みすぎて目が疲れて頭が痛くなった。

スポンサードリンク