華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

高齢者が一人暮らしするための心構え5つ

各種の申請書、届出書は取っておく

先日、叔母さんがマイナンバーを焼いてしまったという事があり

 

www.seikotyan.com

 市役所で住民票を交付してもらいに出かけた。叔父は施設に入所しているため、住所は別で別居になるので、理由書を付けて交付願いは受理してもらったのだが、妻でも渡せないとのことで、本人居住地(施設)に郵送で送るという。

交付願いも叔母は「もう私には書けない・・」というので「甘えんじゃない・・」とか思いながら私が書く。年金の扶養届なのだが「もう面倒くさい・・、税金なんて高くなっても良いから出さない・・」と泣きが入る。

 

基本的には自分の事は自分でやると心に決める

誰もやってはくれない。しかし・・、叔母も80歳である。市役所に電話して何が必要か聞いて、タクシーで市役所まで出かけ、書類を貰ってくるのが大変なのは良く分かる。だいたい、いろんな事を聞くたびに答えが違う。ちょっと大変だなと心で思う。

 

いろんな事は無駄に手数がかかると覚悟する

小父の施設は私の通勤途中なので、私が貰って届けてあげるというが、妻でなければ渡してくれないという。そんな事を言っても、出かけられない事情も有るだろうから、なにか方法は有るだろうが、そこまで行きつかない。それで、またタクシーで施設まで出かけて住民票を取ってくることになる。凄く無駄に手数がかかる。叔母にしてみれば、往復のタクシー代に気が気では無いし、ぐっと疲れるのもわかる気がする。

 

生活するのにお金がかかると心得る

年を取ると、思いがけない所にお金がかかる。第一に田舎では交通費にお金がかかる。年を取ると自動車が使えなくなるので、病院でも買い物でも他人を頼まなくてはいけない。これが結構な負担となる。その上、税金や補助に対する手続きも面倒になったり、情報が来なかったりして、その恩恵に預かることが減ってくる。家を維持するのも、今までは自分でできていた庭の草取りも、お風呂の掃除も、ゴミ出しも誰かに頼まなくてはいけなくなり、何かとお金がかかる。

 

相談できる相手を作っておく

叔母達には子供が無い。まぁ、子供が居ても、それが頼りになるとは限らないので、そんなことを悔やんでも、羨んでも仕方がないと思う。しかし、何かの時に相談できる相手を作っておくことが必要だ。それも年若い相手が。成年後見人を弁護士に頼むとか、お金が有ればできるけれども、そんなお金は無いし、でも、ちょっとした相談をしたいとき、嫌な顔をしないで相手になってくれる人が必要だ。田舎では、昔は民生委員などが良く相談にのっていたけれど、近所の人は良く言えばコミュニティの輪に絡み取られ、悪く言えば煩い。あまり近所ではなく、年若い相談相手。これが一番難しいかもしれない。

年を取ると、新しい事に対応する力が減ってくる

携帯電話とタブレットを新しくした

タブレットを新しくした。

携帯が音が出なくなったので携帯を変えに行ったのだが、ついでに見ていたタブレットも替える事になってしまった。その理由は、新しいタブレットならこのブログが書けるかなと思ったのだ。以前のブログだと文字を入れると、殆ど読めなくてイライラが増すだけだった。一回り大きいものにした。これなら写真も入れて1台で万能かと期待した。

そして、新しいタブレットは・・やっぱり入力しにくい。ダメか。楽しようと思ってもなかなかうまくいかないものだ。でも、キンドル本が読めて、Audobleが聞けて、メールが読めて検索が出来れば良いのだ。まぁ、最低ラインはできた。合格としよう。

 

旅行後の不調  

さて、ベトナム旅行後、歯茎が腫れてとても苦痛であった。理由としては、水道水を気にしていたので、歯磨きもペットボトルの水を使っていた。ちょっと歯磨きが足りない感があった。そして帰りのベトナム航空の混み具合が凄くて、しっかり肩が凝ってしまったらしい。ようやく一昨日くらいから普通になってきた。

結構、今使っている歯磨きが凄いなと思う。

 

www.seikotyan.com

 何故か歯の調子が悪いと血糖値が上がる。何故か過労気味だと血糖値が上がる。と、いうわけで旅行後の病院の定期検査では、主治医の先生がしばし無言。まぁ、もう1ヶ月だけ様子見と言う事で、これがダメならちょっと危ない。ちょっと無理をすると、へ~へ~である。しかし、遊んで歩いての事なので黙って耐える。結局ベトナムではホテルのサービスで付いていたフットマッサージ以外は行かなかったのだが、帰ってきてマッサージに行ってしまった。

近くのお店で60分2980円。ベトナム並みの安さではある。2回目のお店だけれど、施術者は初めての人であった。

私は週に1回整体に通っている。時間は1回20分程度で、骨のバランスを見てくれる。始めは姉の紹介で通い始めたのだが、その頃は胸の閉そく感が強くて、あ、私は長生きしないな。と思っていた。もう、3年くらい通っているが、胸の閉そく感は綺麗にとれた。その後も足の痛みや背中の痛みも調整してもらっている。私とは相性が良いらしい。一昨年よりは去年、去年よりは今年と治療後の成果を感じるようになってきた。その反面、別の所でマッサージをしてもらうと、何となく不満が募る。良し悪しだと思う。

急に切り替えができない、心も体も

年を取って思う事、切り替えがうまくいかない。若い時の様に次への行動がピッピと進まない。体調が元に戻らない。無理をすると息切れがする。まったくとんでもないことだ。某党の党首が年寄りは資産があるので、資産の無い若い人達へのお金の流れを考える。中福祉、中負担を考えていくと言っていたけれど、資産のある年寄りだけではない。資産の無い年寄りはどうするんだと思いながらTVを見る。年寄りは高齢になれば医療費の自己負担は1割になる。介護保険で家で暮らしてもゴミ出しや買い物くらいしてもらえる。年金は物価スライド制だから、少ないけれど物価と連動して、今程度の価値はあるだろうと考えてきた。ところがびっくり、ちゃぶ台返しの大技連発。年金はマクロスライド制で、物価上昇率ー1%物価下落率+1%で目減り。医療費の自己負担率は将来3割に、介護保険で支援は無しに・・。この年で人生設計をやり直さなくてはいけないじゃないですか。どうしたものやら。

マイナンバー、何処かに無くしてしまった!そんな時の簡単解決法

ある日突然、マイナンバーがわからない!

夕方、叔母さんから突然電話。

日本年金機構からマイナンバー申請の書類。何処かにやってしまった。

書き方もわからない。どうしよう??無いって書いて送れば良い??

私「再発行してもらうしかないんじゃない。電話して訊いてみるわ」

そして今日、電話してみました。

年金ダイヤルに電話をするけど、何度電話をしても「今混み合っています。再度おかけ直しください」

う~ん、これは・・と思い、松本社会保険事務所に電話しました。

すると・・、「そういう方が多いんですよ。そんな時はマイナンバー記載の住民票を取ってください。それを添付していただければ良いです」とのこと。

え~、住民票にマイナンバーが入っていたの??そんなに簡単にマイナンバーが取れるの??とびっくり。

ほんの少しの報酬にだってマイナンバーを出さなくてはいけないし、あっちでもこっちでもマイナンバー。これで、鍵のかかるところに厳重に保管とか言ってもどうなんだろう。

それはさておき、

住民票(マイナンバー記載)を取ってみよう

一番早くて、一番確実。市役所で住民票を取ってみよう。

これでマイナンバー通知書とマイナンバーカードの代わりになる。

なんてお手軽。

何にでも代替えが有るのね。だいたい、マイナンバーの再発行なんて、手間がかかりすぎるものね。

ベトナム旅行(バッチャン村とフランス料理編)

3日目は市内観光     

3日目は少しゆっくりして9時にホテル発、ハノイ市内の観光。

f:id:seikotyan:20170915111145j:plain

湖のほとりの散策

f:id:seikotyan:20170915111236j:plain

小雨模様の町中、緑は綺麗。

その後、ホーチミン廟、一柱寺、孔子廟など見学、定番コースらしい。

ベトナム料理のお昼、つけ麺が特徴だとガイドさんがいっていた。昨夜と似た料理。お店には中庭があり、高級なお店だとガイドさんはいう。

その後、ホテルで休憩。3時頃再度バスに乗りバッチャン村へ。赤い絵付けが特徴のバッチャン焼きの村である。あまりに沢山の陶器に目がチラチラする。ここは陶器ではなく、磁器だということでとても重い。記念に一つと思うけれど、あまりの重さにちょっとためらう。買うならせいぜい湯呑だけれど、湯呑も今使っているものを捨てかねる。もう、物を増やすことに消極的なのだ。その後フランス料理店で食事。一応コース料理。後は帰って眠ると早朝から空港へ。

 

旅行にかかった費用    

ツアー代 羽田までの空港タクシー往復付き 74,600円

空港タクシー割増料金             2,000円

ホテルニッコーハノイ割り増し料金     10,000円

バッチャン村・フランス料理OP       7,500円

お小遣い、チップ、飲み物他        35,000円

合計                  129,100円

 

おおよそ、お小遣い込で130,000円。「コーヒー」と「はす茶」の買い物が少なければ、本来は120,000円くらいで済むと思う。

 

総体的に         

楽しかった。随分と心配していたトイレもレストランや売店は綺麗な水洗が使えた。紙は流さないでくず入れに入れるようだが、つい流してしまったけど詰まるようなことも無かった。姉の足が悪いのであまり歩くのが長いと心配だったけれど、それも難なくクリアーできた。ガイドさんが若い人だったので、歩くスピードが速いのが難であったが、親切、丁寧なガイドさんだった。ホテルはツアーの参加申し込みの時からニッコーに頼んでおいたが、同行の人によると、ニッコーへの変更は満室だと断られたそうだ。幸運だった。出発まで、旅行社から3回も電話が入り、細かく確認してくれたのも良かった。言葉も、売店の売り子さんやホテルでも日本語が使えて不便はなかった。実質2日の旅で、あ~、日本じゃない所にいるんだと実感したら帰国するという感じだ。

最も面白かったのは売店で、持っていたお金を身包み剥がれてしまったことだ。まだ若いアオザイを着た女の子が数人寄ってきて、「私がチーフね。私が言えば良いのよ。まけてあげるからね。」と配下の女の子にベトナム語で指令を出し、ちゃっちゃっちゃと有るだけのお金を使わせてしまった。お見事である。と、いってもたいして持っているわけでもないし、カードは使えないしたいしたお客ではないのだが・・・。

そして、やはり街中の道路。バイクの群れ、それも子供を前に後ろに乗せて走っている。その中に自動車のクラクション、負けずに自転車が走っている。ハロン湾に向かうバスの横スレスレに走るトラック。それでいて、信号機も少ないし、交通事故も少ないそうだ。女の子も長いスカートでバイクを走らせている。

家の外で椅子を並べてフォーを食べる人たち。家の戸口で寝転んでいる人も見える。ちょっとした木の下には椅子に座った人が必ず見える。

4日目の朝、まだ薄暗い中空港に向かうバスからは、自転車に花やら粽を積んだおばさんが道端で露店の用意をしている。

今の私は閉まる世界に住んでいる。部屋もクーラーを付けて窓を閉め、自宅も塀をめぐらし知らない人は入れない。人生も終盤で少しずつ物を減らし、行動範囲も交友範囲も縮めてきている。それに対して、ベトナムは外に開く世界。国民の平均年齢も若く、エネルギーが溢れて、これからまだ外に向かおうとする意欲を感じる。いつの間にか、自分の周りだけが世界と思いがちだけれど、違う世界があるのだという新鮮な感動。と、いってもたかが実質2日のかすったとも言えない旅だけれど。

ベトナム旅行(ハロン湾クルーズ編)

美味しい朝食を頂き、7時半、ホテルに迎えのバスが着く。さぁバロン湾に出発。バスで3時間半の行程。その中にトイレ休憩のためお土産屋さんで30分時間をとってある。

 

何より先にお土産屋さん        

1時間半ほどで、トイレ休憩を兼ねてお土産屋さんへ。刺繍コーナーもあり、ベトナム戦争の枯葉剤の影響による障碍者が実演している。ガイドさんが、刺繍も路上で中国製などが安く売られているが、お土産にはぜひベトナム製を買ってくださいという。アオザイも有りますとのことだが、誰がどこ出来るんだ??と思う。

今回はお土産に買うのは、ジャコウネコのコーヒーとはす茶、手芸品の小物入れくらいと思っていたので、1万円程度の予算しか持ってこなかった。もちろん予備費として5万円くらいは持ってきたが、使わないで帰るつもりである。

入口はまず刺繍製品。見事な刺繍のアオザイ。額仕立ての刺繍の画。ふ~ん、と見始める。その後がベトナム特産のスタールビー。まぁ、見るだけとショウケースに近づくと、お姉さんたちが寄ってくる。あれも、これもと出して勧めてくるが、お金が無いと断る。お金が無いって素晴らしい。きっと私はお金を持っていればスタールビーを買ってしまっただろう。円でもOK。カードでも良いと勧めてくる。お金を持ってこなかったと言うと、ガイドさんが、僕が貸せますという。お~~と、ちょっと待って、プレイバック・プレイバックと声がする。何しろお金が無いと言い続け、ともかく出口へ。同行のツアーの小父さんが大きなルビーを買っていた。一人で参加していたが、誰にあげるんだろうと余計な想像をする。ガイドのお兄さんが、バスの中でスタールビーは銀座で買えば5~10倍と一生懸命洗脳していたはずだ。

さらに30分ほどバスに揺られハロン湾へ。

 

ハロン湾クルーズ       

近づくと潮の香。金曜日だというのに人出が多い。沢山のクルーズ船がいる。

早速に船に乗る。ハロン湾は龍が下りた湾といわれ、中国の桂林と並び奇岩が有名だ。桂林にも行きたかったので、ハロン湾クルーズはとても楽しみにしていた。

60人用の船が今回のツアー19人で貸し切り。なかなかゆったりと贅沢。出港するとすぐ、食事となる。その途中で海産物の売り子さんが来る。蝦蛄、蛤、カブトガニなど。バスの中でガイドさんがカブトガニが美味しいという。しっかり信用してカブトガニを別注したが、中身はそれほどなく、珍しいものを食べたというだけ。どれも油を使った料理で、中華もベトナムも違いはわからない。

f:id:seikotyan:20170913135628j:plain

f:id:seikotyan:20170913135732j:plain

f:id:seikotyan:20170913135905j:plain

食事が終わると、ウエートレスのお姉さんが売り子に変身して手芸品や装身具を売りに来る。ニコニコした笑顔でお客1人に売り子3人くらいが張り付いている。真珠のネックレスが2000円、直径4cm位の赤のサンゴ玉が4000円だという。いくらベトナムでも4cmのサンゴ玉が4000円は無いだろうと思い、イミテーションかと聞くが、本物だという。まさかね。

f:id:seikotyan:20170913140609j:plain

何も買わずに離してもらえそうも無かったので、チビ娘達のお土産に買った刺繍のポーチ(3個で1000円)とブレスレット(700円)。

わ~わ~わ、と食事が始まり、その後は即席マーケットが展開されて、誰も(?)ハロン湾なんて見ていない状態が続く。何しに来たんだい??女の人は買い物が好きですね。

 

そして、そして、そして買い物  

帰りは又別のお土産屋さん。今回はジャコウネココーヒー、はす茶が置いてあり、試飲もできる信用できるお店だというガイドさん。

ぜひジャコウネコのコーヒーは欲しかったので、望むところではある。お店に入ると沢山のコーヒーの袋がある。そしてガイドさんが、こっちが高級といって奥に行くほどパッケージが立派になってくる。これが1番高級と言って出されたのが150gで7000円ほどする。5つ買えば1つおまけという。そのとき、私の財布の中には30000円とドルが少々。30000円の内訳は次の日のツアー代15000円とお小遣い10000円、予備費5000円。7000円を値引きして6000円にするから5つ買えと目の前にドンドンドンとコーヒーの箱を6つ並べる。おっと、そうだ!はす茶も欲しい。お金は30000円しかないので、お土産にするのに、そんな高いコーヒーはいらないというと、私の財布を覗いて、はす茶を1個、ジャコウネコのコーヒーの少し安いのを持ってくる。ぴったり30000円にして、「はい!おまけしておいた!」と伝票を持ってきた。そのチームプレーとテンポの良さに、これは持っているだけ有り金全部、身包み剥がされると笑いが出てくる。帰りの日に空港の売店でみたジャコウネコのコーヒーは200gで1500円程度だった。このお土産屋さんでは多分ぼられているんだろうが、面白かったので良しとする。

f:id:seikotyan:20170913143442j:plain

       (箱が立派なジャコウネコのコーヒー)

f:id:seikotyan:20170913151700j:plain

(お土産用のジャコウネコのコーヒー 200g 多分3000円くらい)

f:id:seikotyan:20170913151729j:plain

(はす茶 蓮の花の雄蕊が入っている)

 

水上人形劇とベトナム料理    

ハノイ市街に戻り、ベトナム料理を食べる。バナナの花のサラダが珍しい。フォーはホテルの朝食にも有った。お茄子の料理、豚肉の料理など種類はたくさん。生春巻きは野菜の生感が新鮮だ。朝もお昼もしっかり食べているので食べきれない。飲み物はマンゴージュース、3ドル。水上人形劇は魚の動きが凄い!人形自体は文楽などの方が凝っていると思う。生演奏なので、ベトナムの楽器を間近に見れてよかった。

スポンサードリンク