華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

続かなかった新入社員

 私が勤めている会社では、去年から求人を出していたのだが、なかなか応募が無く、5月に入って開業以来の応募があった。その中で若い方から2人が採用となり、3か月の試用期間という事で社員について現場に出かけていた。

 現場から彼がこれ以上続けていくのは、多分無理だろうとの声が上がり、今月一杯で退社してもらう事となった。

 まぁ、若いし、今は求人不足だし、何とか新しい職も見つかるだろうし、親もいるし、何とかなるだろうとは思う。

 しかし、結構自分は落ち込む。その理由としては

 

1.彼が本採用にならなかった理由は、物を知らないためじゃないかと思う

 朝礼のある日に遅刻してくる。帰る時はタイムカードの前で定時になるのを待っている。挨拶ができない。社員の話の輪に入らない。社員が仕事をしていても自分からは手伝おうとしないでゲームをしている。

 どれも問題ではあるが、決定打という程でも無い気がするけどね。朝礼のある日くらい5分前に出社しなよね。退社も1番じゃなくて、2番目くらいにしなよね。どうせ残業なんて無いんだし、5分は遅くならないんだから。挨拶なんてすればいいじゃん。どうせ一番年下の新入社員なんだから、ダルマかお地蔵様だと思って、「おはようございます」って言えば良いじゃん。話の輪には入れないよね。そんなのニコニコして訊かれた事だけ答えていればいいのに。手伝わなくてゲームをしているのだって、今時の子供だよね。教えてあげなくちゃいけないよね。お金を貰うという事は仕事をすることだって。

 そして一番の私の後悔は、私も何も教えてあげなかった事だ。

 こんな、些細な事でつまずいていてどうする青年。

 ぐっと気が重くなる。

 年を取るにつれて、いろんな事が体に響いてくる。

 

2.誰も彼を庇わなかった

 二つ目の落ち込みは、誰も彼を庇わなかった事だ。誰か俺が世話を焼くのでもう少し様子を見て貰えないかと言う人がいなかった。まぁ、彼がそれだけの人間関係を構築できなかったということもあるけれど。でも、だいたい何処かで気に入ってくれる人がいて、庇ってくれる人とか仲間とかができていくものじゃないのかしらん。教えても上げないで批判ばかりしても仕方が無いと思う。確かにあいさつなんて、教える以前のものだという意見はわかる。しかし、できないんだもの仕方ないじゃないか。俺が教えますから・・なんて先輩はいなかったな。

 結構冷たい会社と社員達なんだなと思って、それもちょっと落ち込む原因だ。

 

3.さて、問題は・・・

 そんなこんなで彼は会社を辞めていった。私は自分の落ち込みと向き合わなくてはいけない。つまり、自分には力が無いんだという自覚をしなくてはいけない。そして、見て見ぬふりをしていて良いのかという問いかけをしなくてはいけない。

 

 

300冊スタート(68)

1.のっけごはん

  ご飯に溶けるチーズと生卵、なんて、どうという事ないのだが、あまりに美味しそうな写真。この本屋さんに行くたびにチラ見して、でも難しいレシピではないので買う程でも無いか・・といつも諦めていた。買っちゃいました。あまりに美味しそうなんです。目玉焼きとウインナーののっけごはん。美味しそう・・。夜中に炊き立てのご飯にバターをのっけて、お醤油を少々なんてのも気をそそられて・・。ちなみに今日の私のお昼はタラコとザーサイののっけごはん。

2.生まれ変わりの村

 読むだけで運が上がる。死ぬときは痛くない。これが帯に書いてある。運が何とか言い始めると私は危ない。と、わかっているが運に縋りたくなってくる。死ぬときは痛くない??死ぬときは痛くないらしいが、死ぬまでも痛くないとは書いてない。死者には色々を送ることができるそうだ。写真を焼けば良いそうです。たまたま出会ったお金の写真、プリントしました。

 

のっけごはん100 (別冊すてきな奥さん)

のっけごはん100 (別冊すてきな奥さん)

 

 

生まれ変わりの村 4

生まれ変わりの村 4

 

 この他には「隼新八御用帳」を読んでいます。相も変わらず平岩弓枝さん。

 

訳アリ「沖縄産マンゴー」を食べてみた

 以前、九州に旅行してマンゴー園に連れて行ってもらった。その時、旅行の勢いで1個5000円のマンゴーを切ってもらって、タクシーの運転手さんに白い目で見られてから、マンゴーは高い物だと思っていた。今回、沖縄に旅行して、1個1500円位でも高くて、安いマンゴーは300円程度でも買える事を知った。今回のマンゴーは6個入っていれば1個633円。送料込みで考えると安いと思い、旅行前に注文しておいた。それが土曜日に届いた。5個入り。常温で届く。マンゴーの香りがする。

 さっそく切って食べると、石垣島で食べたマンゴーより甘味が乗っている気がする。数が沢山あるので、林檎の様にわしわしと食べられる。半分に切ってスプーンで掬って食べている。

 あっちでもこっちでもマンゴーが売り出しになっている所をみると、本当に今年は沖縄マンゴーは豊作年なんだろう。

運、不運

 暑い日が続いているが、それにもめげず、「北アルプス国際芸術祭」が開催されている大町市に行って来た。

 芸術の前に腹ごしらえと、まず美麻にある「美郷」というお蕎麦屋さんで手打ちそばを食べる。このお店は県外からも来店が多い、地元ではちょっと知られているお店。地元のお姉さん(おばさん??)達がお漬物やお蕎麦の薄焼き、ちょっとした天ぷらなどを食べさせてくれる。

 次は美麻コーヒーで食後の一服

美麻珈琲オンラインストア |道路に看板が出ているのは知っていたが、こんなところで喫茶店が採算が取れるのか?と思っていた。そしたら意外や意外。洒落たお店にケーキやらクッキーやら美味しそうに並んでいる。席はバルコニーも入れて4席だが、全席埋まっている。クーラーが入っていない自然通風なのが唯一の欠点。なにしろこの日は暑かったので・・。一緒に行った友人が北海道の富良野の様だという風情。目の前に菜の花畑が広がる。今はただの耕地だけれど、春にもう1度コーヒーを飲みにこよう。

 八坂村に竹のオブジェがあって、評判がよい。まず、これを目指してでかける。

f:id:seikotyan:20170724143917j:plain

なかなか見ごたえがある。

 ここまで来たら、八坂村自慢の灰焼きおやきを買いに行く。

www.asukasou.net

車で5分もかからないのだが、芸術祭の賑わいはここまでは伝わっていない。混まなくて嬉しいような残念なような・・・。

 同じく八坂村に既存の建物を使って同心円を描いたアートがあると聞き、そこに向かう。いつも誰もすれ違わない様な道を何台かすれ違い、これも芸術祭効果かと噂する。

駐車場から展示場まで結構な山道で、久しぶりに山の草いきれの中を歩いた。実物はなぜか圧倒されて、確かにこれはアートだと感じる。ちょっとした感動である。この設置会場の近くには墓地もお宮もあることから、昔からの村落なのだろう。でも、旧八坂村役場まで、歩いても数時間、大町市までだったら1日がかりで出かけることになろうか。きっと150年前にここで私が生まれたら、一生海など見ることもなく生涯を終わっただろうと考えた。多分私の世界は歩いて数時間の世界でしかなかっただろう。

 運、不運なんて、ほんの少しのズレでしかない。

 今の時代に生まれて、今の境遇で生きられる。それほど女という枷をはめられず、自由に移動することができる幸せを感謝すべきだろう。別に私が努力して掴んだ運では無いものね。

溶ける

 暑くて溶けてしまいそうだ。そういえば「熔ける」という本を書いた人がいたけど、あれはギャンブル依存症だったのか。今日は市内のあちこちに会費を払って歩いていた。1000円、2000円のお金に540円もかけて振込料を払うのが我慢できない。変な所でケチなんだ。あまりの暑さのせいか、携帯は勝手に好きなように動きまわる。繊細なものほど狂う。こんな時には粗雑な自分が頼もしく思える。決算が目の前にぶら下がっているが、大きな間違いは無かったか??ちょっと、いや大分心配だ。

スポンサードリンク