華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(65歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

覚えているよ、忘れないよ

ここ数日

光のない海/白石一文

 を読んでいる。

妙に引っ掛かる本なんだ。

主人公は妻に「息子は貴方の子供ではない」と明かされるの。

そして離婚、その子が3歳半の時だった。

その子が中学生になった頃、夢を見るのよ。

息子が「お父さん、覚えているよ。忘れないよ」と言うの。

その息子を、そっと抱きしめるの。

なんか、とても切ない。

甥の所のチビ娘達、いつか逢えて「覚えているよ、忘れないよ」と私に言うだろうか。

そう、いつか逢えても、その間の時間は埋めようも無い。

人生なんてあっけない。

広がっているのは「光のない海」だ。

 

 

 

訳の分からない不安の納め方

今日銀行へ行ったらね、私より少し高齢の女性が窓口で揉めていたの。

窓口のお嬢さんに「通帳を返してもらっていない」と訴えているのよ。

窓口の女の子はコピーをして返しましたと言っているけれどね、聞く耳を持っていないの。

つくづくね、自分の姿を見るようだわ。

ちょっと前の事を忘れてしまうのよ。

困ったもんだ。

 

だって、シャンプーを洗っているうちに色が染まるというのを使っていたの。

良く売り切れなんだけれど、珍しく見つかったので、急いで注文したら

トリートメントだったわ。

シャンプーはどこでも売り切れなのよ。

まぁ、トリートメントでも使わないよりはマシだわよね。

 

ところで、仮想通貨はビクともしない。

半年でぐんぐん伸びる。なんてことないのよ。どうしよう・・・

そして、大阪で大きな地震があった。

亡くなった方も怪我した方もいる。

本当にお気の毒だわ。

そのせいか、株価も急落しているしね。

 

お義理(会社の人へのお見舞い、子供の結婚祝い)を省略しようかな。

でも、Aさんは貰ったそうだけれど、僕は貰わなかったとか、気分悪いよな。

私の懐具合という問題があるのだが、そんなのわからないものね。

こんな時にどうしたら良いのだろうか。

焦るまい。と思うけれど・・・

 

ふと、訳もなく不安が湧きおこる。

そんな時、数えてみる。

屋根のある家はある。

今日食べる食料はある。

穴が空いていない衣類もある。

多分、今日も明日も暮らせる。

その間に考えよう・・

命の源の水

たまたま手に取った本「光のない海」の初めの方にあろ水を飲み始めて鬱が改善してきたと書いてあったの。

その水は、ある磁器に入れたお水なんだけれどね。

よくあるじゃない、磁気とか、鉱石とかをやきこんであるとか。

ここ(私の住んでいる所)は、水が美味しい地域でね。

でも、幼いころは簡易水道で、山奥の湧き水がそのまま水道菅から出てくるようで、冷たくて美味しかった。

なにか懐かしいわ。

だから、やっぱりね、私、お金が欲しいな。

昨日サクランボ狩りに行ったじゃあない。

大粒のご贈答用のサクランボが1kg5000円で売られていたの。

一緒に行ったお友達は贈り物にと送付状を書いていたわ。

私は見ていただけだけれどね。

小さな800円くらいのパックも売られていたわ。

お休みさせてもらったのだから、会社の女の子に買って来れば良かったかな。

私は毎年甥のチビ娘の所にサクランボを送っていたのよ。

でも、今年は甥からの絶交宣言で贈り物を控えているのよ。

凄く淋しいわ。

今「羊と鋼の森」を聴いているじゃない。

そうすると、ピアノの音の不思議さが沢山書かれているの。

音楽を聴きたいの。と言った、ちび娘にたくさんの音を聴かせてあげたいわ。

先日のコンサートで佐渡裕さんが、初めて自分のCDを買ったのが小学校5年生だったとパンフレットに書いてあったの。

チビ娘は6年生。

ちょうど、これからが一番いろいろ変わっていく時期だと思うのよね。

そんな時に、手の届く場所に私はいたかったのだけれどね。

手の指の間から砂が流れ落ちていくような感じがする。

取り返しのきかない時間がどんどん流れ落ちていくわ。

人生はどれだけ諦める事が多いんだろうと思う。

 

ところで、日銀の黒田総裁は2%のインフレ目標の為に金利緩和路線を続けるんだって。

でもね、物価は上がっていると思うんだけれどね。

今年も沖縄はマンゴーが豊作だそうだけれど、去年は訳ありマンゴー3kg2980円だったのに、今年は5980円ですって。

いろんなお菓子も中身が少しずつ減っている。

充分2%以上のインフレになっていると思うわ。

 

そうそう、今月は結婚式のお祝いとお見舞いが1件ずつ。

何とか今月は残ると思ったお給料もしっかり消費。

財布見ながらお菓子を買う相談をしているわ。

だから、やっぱりね、私、お金が欲しいな。

 

そんな事いっていると、ポチっとすれば10000円。なんてメールが届く。

ついポチってしてしまった。

読んでいくと怪しい・・・

簡単に心に忍び込んでくるなぁ・・危険な罠が・・

スポンサードリンク