華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(65歳)を過ぎた独身女性、子供の無い不安、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

紅霞後宮物語 第十幕

紅霞後宮物語 第十幕が、14日に発売された。

やはり、Kindleでも出された。

早速買う。

 

紅霞後宮物語 第十幕 (富士見L文庫)

紅霞後宮物語第10幕はこんな話

中華系の後宮物語で、主人公は伝説的な皇后となった「小玉」。

夫は庶系の皇統から皇帝になるが、一時は「小玉」の部下であった「文林」。

文林は小玉を恋しているのだが、小玉は皇后という職を受けた意識でいる。

と、いうことで、同志的連携はあるが、ほぼ夫婦的な交流がない。

ところが、小玉に変化が・・

文林を好きになったらしい。

それなのに・・ああ、それなのに・・・

文林は新しい妃を後宮に入れた。

そして・・その妃は懐妊・・

その時小玉は・・・

 

紅霞後宮物語はこんなところが魅力的

主人公小玉は徴兵で入隊した後、将軍にまで上り詰めた伝説の女性。

戦略の天才。

凄い美人ではなさそうですが。

強くて賢い、そして明るい女性。

宝塚の男役を100倍もカッコよくした感じです。

小玉は、いつか、もしかしたら文林と結婚するかも・・と思っていると、文林は皇帝に。

ここで二人の縁は切れたはずですが。

何故か皇后になった小玉、その周りの可笑しくも魅力的な人々。

魔術も何もない等身大の人間の魅力と、権謀術数の世界が面白い。

 

今回の読みどころは・・

小玉が毒を盛られ、倦怠感と腹痛に悩みながら臨んだ重陽節句

その場で新しい妃の懐妊を知らされる。

そのたった一瞬で、びっくりするくらい文林から心が離れていった。

 

文林は、小玉を愛していたが、皇帝になった時に諦めた。

皇帝は、その立場上後宮を設け、妃と子供を設けなければならない。

誰か一人のものにはなれない。

小玉は誰かと愛する人を共有することができない人間だった。

それがわかっていたので、文林も小玉を諦めたのだ。

 

そんな、こんなで、同志愛と職業意識で結ばれていた二人が・・

せっかく小玉が・・文林を愛し始めたのに・・

また心を離してしまった・・

 

男って・・本当に・・

おバカなんだから・・・

文林は死んだ方が楽だったと思うほど後悔するんだろうなぁ。

 

しかし・・話は続く。

どうなるんだろう。

「たったひとりの熱狂」に入れあげる

ここ数日見城徹の「たったひとりの熱狂」を読みふける。

 

見城徹」の略歴

1975年角川書店入社。

月刊カドカワ」編集長時代に部数を30倍に増やす。

5本の直木賞作品を生み出し、41歳にして取締役編集部長となる。

1993年、門川春樹がコカイン疑惑事件で社長を追われた時、退社。

幻冬舎を設立。

 

その「見城徹」が堀江貴文サイバーエージェント藤田晋が立ち上げた「755」に頼まれて書いたものが下敷きとなっている。

「755」のやじコメに書き込まれた不特定誰かへの「見城徹」の肉声の返事ともいえる。

たった一人の熱狂 (幻冬舎文庫)

 

どこが私の心に突き刺さるのか

 

見城徹にとって、「本」だけが唯一の友達だった。

私も本が第一の友達だった。

何故か、生きずらさを感じていた。

親友という友人もできた。でも、ちょっと逢わずにいると気持ちが焦る。

何か薄い膜が他人との間にあるような気が常にしていた。

だから、同じように本を見ていた「見城徹」という対象に気持ちが惹かれる。

 

田舎の何の取柄も無い女の子、有難い事に美貌もナイスボディも持っていない少女(誘惑に負けて、身をもと崩すこともできなかった)は、真面目に、他人より努力することしか手が無かった。

 

だから、人が休んでいるときに休まず動く。

圧倒的努力を費やし結果を出す。

 

という言葉はストンと胸を打つ。

 

彼の言葉は、毎日食べることと眠ることが保証され、後はただ平安に暮らしたいと思い始めた私の心に火をつけた。

昨日の「生涯現役宣言」も、この本に影響されてだ。

 

「まぁいいか」を否定して続け、自分に勝つ

もうダメだからが本当の努力だという。

「まぁいいか」というのは、満足していない、納得していないけれど、0点でも無いという状態。

最後まで努力しよう。

心に呟く言葉は「まだ先にいける。もっと先に行ける」。

見城徹は言う

「昨日とは違う明日

 明日を生きるとき、

 僕は見たこともない、新しい景色に会いたい」

「どうせ生きるなら・・人生に熱狂しながら死を迎えたい」

 

私も思う。どうせ死ぬのなら、熱狂しながら、もうできることは無い・・と思って死を迎えたい。

 

 

 

庭のクレマチスです
f:id:seikotyan:20190615184409j:image

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

「生涯現役宣言」をします

友人曰く、年金無職生活で一番困ることは「毎日やることが無い」ことだという。

友人は70歳、一人暮らし。

大きなお家に住んでいるのだが、草むしり、掃除と毎日余念がない。

家はピカピカになったけど、毎日暇で「今日は何をしたら良いのだろう・・」と考えるのだそうだ。

彼女のお兄さんも、自営の仕事をリタイアして、ご夫婦で悠々自適であるが、毎日暇で何をしようと考えているという。

悠々自適でゆっくり暮らそう・・と夢見ていたが、現実には暇を持て余しているようだ。

 

生涯現役計画を今から考えよう

人生100年と言われる時代に、70代にして「やることが無くて暇で、楽しい事なんて何もない」なんて言うのは嫌だ。

それも、体は健康で、贅沢はできなくても食べる事の心配は無い生活なのに。

60代はまだ仕事ができる。定年延長で65歳、あわよくば70歳まで今の仕事を続ける。

            一番効率が良いと思う。

70代は今から種を蒔く。 流石に、通勤しながら今の仕事ができるとは思わない。

            体力も落ちてくるし、雇う方がちょっと躊躇う。

            でも、まだ少しは外にも出られる。

            この70代前半に勉強をして、次のステップに備える。

80代は在宅でできる仕事を作る。

            自動車の運転も危なくなる時期。

            在宅で外と繋がる方法を考える。

 

生涯現役計画が必要な理由

今まで現役で仕事をしていた人が、退職して家にいると困ったことが起きる。

毎日のルーティンワークが無くなる。

毎日24時間同じ環境に閉じ込められる。

要するに暇を持て余すことになる。

充分休養を取って、前進する力を漲らせるなら良いが、どうやらそうでも無いらしい。

 

総務省の「社会生活基礎調査」(平成28年)によると、単身高齢者の睡眠を除く生活時間15.56時間のうち、一人で過ごす時間は11.18時間だという。

殆どは一人で過ごしていることになる。

これでは、良くも悪くも外からの刺激は無い。

誰かと話して、誰かと食事をして、誰かと笑う事が生きている醍醐味じゃないか。

 

突然、どうしようと思っても考えつかない。

今の内から、後20年の方針を決めよう!!

 

人生相談に「80代の夫が仕事を辞めずにいるので、体が心配です」という相談があり、その解答は「幸せじゃないですか」というものであった。

80代でも、健康で必要とされている職場が有るなんて、本当に幸せだと思う。

 

生涯現役でいるために必要な事

1.まずは健康

  暴飲暴食、無理な遊びを止めよう。

  夜更かしして、徹夜で遊び歩くなんて、そんな事・・夢の又夢、規則正しい生活。

  病院通いもサボらずちゃんと。服薬も忘れずに。

  適度な運動をして、無暗に悩まない。

  だって、とりあえず眠る場所と食べる物は有るのだから。

2.仕事を続ける

  どんな仕事でもそうだけれど、一度止めると再度の参戦は苦労する。

  昨日やっていたことなら、今日もできる。

  少しでも外に出る。少しでも稼ぐ。諦めない。

3.夢を持つ

  自分のためにだけ生きるのは、つくづくつまらない。

  夢も無く生きるのは、やはり退屈だ。

  努力するためには、何か夢を持とう。

  そして、それをノートに書いておこう。

  なにしろ、時々忘れるので・・思い出すために。

 

夢と言えば、思い出した。

10年間かけて、高校の数学まで復習して、できたら小学生の数学くらいを教えてあげられるようになりたい。

今、「水谷一の数学力トレーニングプリント1」の途中。

 

「文系の私に超わかりやすく数学を教えてください」は中学3年生の初めくらい。

この本は、学習し直すには、とても解りやすく書かれている。

文章も面白くて飽きさせない。

紙の本で買いましたが、空き時間にチラ見するために、kindleでも買ってしまった。

 

「水谷一の数学力トレーニングプリント1」は、本当に筋トレのような問題集。

せめて、1日に1問だけでも解こうと思う。

なかなかできないときは、布団に入って九々を数える。

水谷先生の数学を面白がっているのが良くわかる本です。

レーニングプリントは、殆ど古本もありませんが、「論理エンジン研究会」による「数量・図形トレーニング」がまだ古本で少し残っています。

欲しい気もしますが、べらぼうに高い!

きっと、迷っている内に古本も無くなるでしょう。それを期待しています。

そうすれば諦められますから。

 

最後までお読みいただき有難うございました。

 

-------------------------------------------

そろそろお中元の予約が始まりました。チビ娘に・・

皮を剥いて、丸ごと一口が楽しいそうです。

 

老後資金2000万円のリアル 必要なのはわかるけれど、貯まるんだろうか・・

この所、新聞では毎日老後の資金2000万円を自分で用意しなくてはいけないとか、そうじゃないとか書いている。

麻生さんは、この報告書は受け取らないといっていたが、嫌な話は聞かない。で、済めば世の中ラクチンだ。

何と言うか、勿論私は年金だけで暮らしていかれるほどの年金額では無い。

だから、世の中の人は、年金だけで100歳まで暮らしていかれると思っていたのか・・、と、そちらもびっくりである。

竹中平蔵さんの本に、年金は保険であるから、貯金のように積んだから受け取れるというものでは無く、困った人が受けるもので、生活していかれる人が貰うものでは無い(うろ覚え)なんて書かれていてびっくりした。

それまでは、いや、今でも、私は年金はちょっと利率の良い貯金くらいの気持ちでいるから。

野党は「これでは詐欺だ!」などと大きな声を上げているが、そう言っている議員は実際に今の年金額で100歳まで暮らしていかれると思っていたのか、大いに疑問である。

しかし、結構皆さん何とか暮らしている。

ある人は年金額12万円(遺族年金を含めて)で暮らしているといっているし、友人は先月は10万円で暮らしたと言っていた。

私の周りは、どちらかと言うと、お金を使わない方が立派という風潮が有るので、貧乏を自慢する。

私の年金額は月額12万円程度であるが、5年間繰り下げる予定である。

そうすると、42%UPになる。

約月額17万円程度となる。

しかし、その5年間分720万円を受け取らないので、82歳までは、その分を分割で貰っているようなものだ。

 

では、それで暮らしていかれるのか

高齢単身無職世帯の家計収支が出されていたので見ると、

月平均支出は142,198円である。

17万円の収入が有れば、何とか暮らしていかれる。

と、いうことは、どうしても70歳までは勤めなくてはいけないということか。

ヤレヤレ・・

しかし、田舎ではどうしても自動車が必要になる。

ガソリン代、車検代、オイル代、これらはこの平均には入っていないだろうなぁ・・。

どう見ても、年金全部使って生活していくことになる。

 

高齢単身無職世帯の家計収支
   
   
  2017年月平均額(円)
  項      目  
実収入 114027
社会保障給付 109530
その他 6856
   
消費支出 142198
食料 354181
住居 14538
光熱・水道 12989
家具・家事用品 6098
被服費 3808
保険医療 7936
交通・通信 13148
教育 0
その他消費支出 31412
  諸雑費 13262
  交際費 17528
  仕送り金 589
非消費支出 12544
  直接税 6611
  社会保険料 5819

平成29年家計調査報告(家計収支編)より作成

 

頑張って70歳まで、この調子で働けば食べてはいかれることがわかった。

しかし、その他に、両親のお墓を始末して永代供養をしてもらわなくてはいけない。

最後には、介護保険の費用も必要になる。

若干の医療費も必要だろう。

葬式代だって用意しなくてはならない。

75歳になれば、車も買い替えなければいけないだろうし、家も多少は手を入れなければなるまい。

姉の下の息子(甥)は姉に言うらしい。

「金の事以外なら、なんでも相談に乗る」

 

そう考えると、2000万円とは言わなくても、相応のお金は必要

 

あ~~、宝くじを買いたくなった。

 

最後までお読みいただき有難うございました。

 

-------------------------------------------

文旦を欲しいと言っていたので、チビ娘に送りました。お値段が手頃だったので。

西表島アラガママ農園よりパイナップルが届いた

届いたのは「黄金の樽」と訳される「ゴールドバレル」

 

届いた姿は

f:id:seikotyan:20190611112544j:plain

3個入り、常温で届きました。

届いた時には、すでに甘い香りがしていました。

f:id:seikotyan:20190611112602j:plain

正味高さ10cm程、しかし、むっちり、ムチムチの、まさに黄金の樽です。

 

切ってみると

中も黄色です。

お上品な白っぽい感じはありません。

写真はちょっと白っぽく写っていますが、本物は濃い黄色です。

f:id:seikotyan:20190611112621j:plain

芯の部分も食べられそうなので、芯も一緒にカットしました。

 

味は・・

瑞々しいだけではなく、ちゃんとボリュームのある甘さです。

完熟なので固くない。芯まで、ちゃんと美味しく食べられました。

(恥ずかしながら・・、最近歯の状況が少々不備、ちょっと筋っぽかったり、固かったすると食べにくいのです)

その上、酸っぱくない。

(これも恥ずかしながら、スーパーのパイナップルとかを沢山食べると、歯に沁みる気がする。もちろん、気のせいですが・・)

確かに、物が違う・・と思います。値段も違いますが・・。

 

美味しさの理由

それは勿論、「ゴールドバレル」という種類も有るのでしょうが、西表島という風土、そして、ギリギリ熟成させて、食べる頃の美味しさを見計らって送ってくれる農園の努力が、この美味しさを作っていると思います。

今の時代は、流通網も発達して、なおかつ、インターネット等で生産者と消費者の距離が非常に近くなった。

それが、沖縄で一昨日収穫して、今晩長野県で食べられる。なんて贅沢を許しています。

幸せな時代に産まれ合わせたと思います。

 

最後に

正直、パイナップルにしては、ちょっと高価でした。

だって、スーパーでは、500円位のパイナップルが売られています。

でも、沖縄にフルーツ旅行するよりは安上がりよ。と思って、清水の舞台から飛び降りました。

夏、沖縄に旅行するにはお金もかかるし、姉の足が多分持たないでしょう。

おかげさまで、しっかり美味しいパイナップルが食べられました。

 

こちらから申し込みました。

ゴールドバレル|南国西表島 アララガマ農園

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

---------------------------

夏近し。近所ではもう売っていません。楽天は凄い!

 

 

スポンサードリンク