華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

私の2月からの社会保険料

私は、一応、定年後即時雇用で職は保証されるが、2月からの給与は半額になる。

しかし、同じ会社に勤めるので、社会保険料の金額変更で対応すると、3か月後に申請して、4月から新しい給与の保険料となる。

とんでも八分、歩いて十分の世界だ。

給料減るのに、社会保険料だけそんなに払えない!とブツブツ言っていると、社労士さんが、資格喪失届を出して、同時に資格取得届を出せという。添付書類として就業規則の定年部分。

それで、今後このようなこと(65歳以上の再雇用)が続くならば、3年目に再雇用まで期間を少し空けるか、期限をもうけるようにとのアドバイスがあった。

何故かと言うと、随分前に、5年間継続して非正規で勤めていた人が、本人が申し込めば(期限のない)正規社員になれるという事で、対策を取っておくようにとのアドバイスである。

70歳になって、期限の無い正規社員になんてなりたいと思うかねえ

と考えつつ、そんな話もあったよねぇと話してきた。

期限の無い正規社員というのは、定年(うちの会社は65歳)以上だと、いくつまでという基準がないので、会社側から辞めてくれと言えないのだそうだ。

何かねぇ、手厚いのか、実情を知らないのかよく分からない話だ。

わけわからないと言えば、10年以上前かな、まだ自分がダブルワークをしていた頃、今の会社が終わって、3時間ほど別の会社でアルバイトをしていた。

その時、時給は残業並みの割り増しにして払えという通達があった。

安く使いたいのに、割り増しなんかするはずないじゃないか。と思いながら、かえってダブルワークの人の世界を狭くすると感じた。

結局のところ、割り増しなんてしている事業所を見た事ない。

 

今年は白鳥を見ない。

不思議だ。

去年は通勤途中の田圃に水が張ってあり、白鳥が沢山休んでいた。

泥田で、白鳥どころか、グレー鳥であったが、毎朝見かけるのは楽しかった。

もっと前、鳥インフルエンザが騒がれる前は水の無い田圃に普通に白い丸い姿が見られた。

今年は1羽も見ない。空を飛んでいる姿すら見ない。

ちょっと淋しい。

 

淋しいというと、突然淋しくなる事が有る。

特に理由が有るわけでもないのだが、ふと淋しさを感じる。

そんな時に、いつも行く本屋さんで聴くジャズがとても体に響く。

スピーカーの違いなんだろうか。

スピーカーの違いで音って変わるのかな・・。

ソニー SONY イヤホン カナル型 ケーブル着脱式 MDR-EX1000

スピーカーは高いので、イヤホンだけでも買ってみようかな??

 

翻訳機もこんなに小さなものが出来てきた。

ベトナムへ行った時、携帯が繋がらないし、携帯の翻訳機が使えなかったので、やはりオロオロすることが多かった。

これは何か国語にも対応している。

値段も機能から考えたら手頃だと思う。

でもすぐには買えないけれどね。

 

ソースネクスト 翻訳機 POCKETALK ホワイト POCKETALKホワイト

その前に、活舌を直さなくてはいけない。

携帯はドコモを使っているのだが、ヒツジが付いていて、色々話しかけると答えてくれるが、通じない。

私の発音がちょっとおかしいらしい。

このシツジはすぐ検索に逃げてしまう。

最後には私が「バカ!!」と言ってシツジが「メエエ~ン」と泣いて終わってしまう。

だから通訳機を買っても、この機械に私の話が通じるかはまた別問題である。

それにもう外国まで出かけるかわからないものね。

勝手に計算する他人の生活費

昨日から突然、ビットコインが暴落を始めた。

160万円台から100万円以下にたった1日で動いている。

それで、この底値に出来れば買いに走りたいところであるが、また上がり始め、一度下がったのを知ったので、それより高い値段で買うのは迷う。

それに、昨日はこれでビットコインへお金を入れるのはお終い。と思っていたのに、またお金をつぎ込みたくなる。

なんてこったい!!

この前読んだ「ギャンブル依存症」がふと頭を横切る。

2月にはバレンタインが来るけれど、バレンタインのチョコレートをいくつ買おうかと考えている。

整体の先生に一つ、会社に少し大きめのを1つ。甥の息子に一つ。

なんて考えると、チリも積もればの例えどうり、あっという間に10000円くらいかかっ

てしまう。

お~~怖い

 やはり、ちょっと余計なお金が欲しいのだ。

人に奢るのに、あまり考えなくても済む余裕。

 

 

Audibleで「コンビニ人間」がリリースされた。

なかなか面白い。

初めに、小学生の頃、公園で小鳥が死んでいるのを見て「焼き鳥にしよう」と言って母親をびっくりさせる。

教師のヒステリーを止めさせるために、教師のパンツとスカートを下げて顰蹙を買う。

でも、そんなの個性的というんじゃない?と思いながら、あはは・・と笑いながら聴いていた。

ただ、ケーキを切ったナイフを見ながら、赤ちゃんの甥が泣くのを見て、泣くのを止めるだけなら簡単なのに・・と思う所はちょっと怖い。

3時間くらいの作品。

やや長いが、単調さを感じさせない展開だ。

ここでもまた、私は生活費に拘る。

週5日9時~5時までのアルバイト、休憩1時間とすると、7時間労働で、時給1000円とすると、大凡月額140000円。この時間だと、社会保険に入らなくてはいけないから、手取り120000円くらい。

それでアパートを借りて、朝、昼をコンビニ食を食べて暮らしていかれるのか。

コンビニ食は結構高い。

洋服や靴もアルバイト仲間のメーカーを探して買っている。

そこそこの洋服も着ているということだろう。

それで、生活できているのかな??

などと、すぐ生活費を計算する。

 

 

通勤でAudibleを聴き始めてから、ラジオも殆ど聴かないし、音楽も聴かなくなってしまった。

 

 

 

 

 

 

神林家の謎

この所、「新御宿かわせみ」を読みふけっている。

舞台は明治維新をぶっ飛ばし、新しい時代と子供達の世界に移る。

「宿・かわせみ」は多少姿を変えながら商売を続けている。

麻生宗太郎は狸穴に治療院を開設している。

畝家の未亡人「千絵」は骨董店を経営し、なかなかに繁盛している。

麻太郎は医師になり、源太郎は弁護士になっている。

そんな中で、神林道之進はどうやって生計を立てているのだろうか。

隠居所として住むところは用意してあったようであるが、お金なんて、座して使えば無くなってしまいそうなものだが。

麻太郎の留学の費用なども神林家が用意している。

誠に不思議だ。

自分が定年で、これからどうしようと思い始めると、他人の事でも妙に気になる。

だいたいが、幕末時の武士は殆どが生活に窮していたはずだ。

神林家だけが豊かだとは思えない。

何かで資産運用をしていたのかしら。

だとしたら何だったのだろう。

そんなことをつらつら考えながら、シリーズ7冊を読み終えた。

やれやれ

迫って来た定年の日

定年退職日が迫って来た。

と、言っても即時再雇用なので、仕事は変わらない。

でも、給与が半分になってしまうので、どうしよう・・とか思っていたら、65歳以上は介護保険が自己負担率100%だった。

今までは会社で半分負担してくれたのだが、自己負担100%!!

市県民税は前年所得に対して決まるので、今年の収入に対して負担は大きい。

思いがけない出費が次々と出てくる。

そして、退職金。

その資金繰りも自分でしている。

ちょっと変なの・・。

まぁ、健康保険料が勤めているので、安くなるのだけがメリットかしらん。

年賀状が来なかった理由

あっという間にお正月気分は消えていく。

と、いっても本当に寝正月であったが。

TVでは、成人式の着物に25万円とか35万円とか言っている。

やはり世間は景気が良いのかしら?と考える。

それについても、去年お金を貸した相手はナシの礫であった。

会社でも付き合いのある相手なので、毎年年賀状は会社から出していたし、来てもいたのだが、今年は年賀状も来ていない。

私にはもうお貸しできるお金が無いという意味では、連絡が途切れる事は有難いのだが、親分肌の人で、私も幾度もお世話にもなったので、ちょっと淋しい。

それに会社同士の付き合いは別な気もするが・・

年賀状を出せない理由があったのだろうか・・

(例えば会社の資金繰りが大変で、会社自体それどころではないとか・・)

年を取ってからお金に追われるのは辛いな。

それも多分商売のお金。

きったはったの手形の始末とかは、大変だ・・。

私自身は、とりあえず、生活に必要な電気ガス水道代を払えて、何は無くともご飯が食べられて、継ぎは当たっていても、着るものがある生活を有難いと思わなくてはいけない。

贅沢言っちゃいけないな。

スポンサードリンク