華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

貧困とは

文京区の貧困について、他人との比較から貧困感が生まれると書かかれた文章を見て思った事。

 

1、比較からの貧困は無くならない

 例えば文京区では小学校4年くらいから塾に通う子供が多い。その中で塾に通えない子供は、なぜ自分だけは・・という思いを抱き、貧困感を強めていく。というような事が書かれていた。相対的貧困もそうだけれど、比較で貧困を定義すると、絶対に無くならない。当たり前のことだけれど。無くならせるとしたら共産制にでも移行するしかない。

 確かに、東京で勤めていた頃、ミンクのコートが流行り、女の子達がミンクのコートで出勤しているのを見て、私もミンクのコートが欲しかった。だから、周りと比較して貧困感を感じる気持ちはわかる。なぜ自分だけ・・という気持ちになるのはわかる。

 でも、貧困とは何かという自分の尺度を持っていなければ、ただ他人と比較して淋しい気持ちになるだけだ。

 

2、貧困とは何だろう

 西表島の浮舟集落という所に行って、子供4人のための小学校を見てきた。結構立派な建物で、職員は10名だそうだ。その時、日本って豊かな国だなぁと思った。4人の子供のために、海路を運んだ建材で鉄筋コンクリートの小学校を作り、給食も含めて10人のスタッフが駐在する。勿論職員宿舎も建てられている。でも、塾に通うなんて無理だろう。たいたい塾が無いものね。そのうち、タブレットを使った通信塾が普及するかもしれないけれど。少なくとも、ここの小学生は塾に通えない事で自分を貧困だとは思っていないだろう。

 

3、欲しいものを選別していく

 昔(30代くらい)はスタイルも良くて、良い服も着たくて、美人と言われたくて、頭も良いと思われて、優しい人だと噂されたかった。

 まあ、しかし、60代も半ばとなれば、シャネルの服もバックもいらない。化粧するのも面倒だ。今日着ている服は15年前のものだ。確かに、今いる環境がそれを許しているけれど。ちゃんとしたオフィスビルにでも出勤するなら、ちゃんとした服装が必要だろうが、田舎の事務のおばちゃんだ(あれ?おばぁちゃんか?)。

 何とか気持ち良く眠れる場所があって、美味しいものと言っても地物の野菜とか果物とかが食べられれば充分幸せだ。多分、余所目から見ると私は夫も子供も無く、田舎の女性の給料だって知れている。相対的貧困の部類に入ってしまう。でも、大部分の時間は自分が貧困だと自覚していない。美味しいお茶の一杯も飲めば、何と幸せな時代に産まれたかと思ってしまう。

お中元商品は割高だなぁ・・

 甥からお中元の発送を頼まれて、県内の農園から「長野パープル」と「シャインマスカット」2房をセットにして発送してもらう様に手配した。2房で送料込みで5000円。結構高い。長野県でこの種の葡萄は露地ものが9月から10月で、7、8月だと加温ハウスになるので、やはり高い。しかしである。楽天あたりでは4房で5000円強で出ている。大凡半額である。それでもやはり高い。時期になると市場で10房くらい入った4~5kgの箱が3500円くらいで出される。そこでようやく自分の口に入ることとなる。

だいたい、自分で食べる分には値段の安定した露地もので、ハウス物なんて食べやしないけどね。初めて頼む農園なので、自分の所にも1セット送る様に頼んでみた。どんな物が送られるかちょっと心配でね。結構送る商品は見本と違うという事があるのだ。だって、送ってもらった人が、「なんか貧弱な商品で不味かった・・」なんて言わないものね。美味しかったと義理でも言うでしょうから。だから林檎を送る時も、信頼できる農園に直接頼む。スイカも同じで、決まった農園に毎年頼んでいる。まぁ、農作物なので、その年によって出来不出来も多少はあるけれど、それは仕方が無いと納得できる。しかし、自分で5000円の葡萄なんて口が曲がるわ。

 他人(甥)に頼まれて送る品には気を使う。あまりありきたりな物では仕方が無いし、目が飛び出るほど高くはお金も使えないしと頭を悩ませる。本当に、貴方にとってはつまらない物でしょうが、私が一生懸命選びました。という所だ。多少でも、甥の「お世話になっております。お変わりありませんでしょうか、珍しくもありませんが一口お召し上がりください。今後ともよろしくお願いします」という気持ちが伝わります様にと祈りながらブドウ農園にFAXを送った。

遅刻するからタイムカード押しといてーー浜ちゃんみたいな人がいる

 昨日に続いて会社の話。あ~~あ、だ。

 10分ほど遅刻する社員から電話があって、遅れるのでタイムカードを押しておいてくれと事務の女性に言ったらしい。釣りバカ日誌の浜ちゃんみたいだ。その女性は「ダメ、自分で押しなさい!」と言っていた。それで、朝、彼は出社すると、その事が不満だったらしく私の所にまっしぐら。「そうだ、今度は聖子ちゃんに頼もう」という。私は「私だって嫌よ~」というと、ご不満らしく色々言い始めた。

 

1、たかが10分くらいたいしたことじゃない

 そう、誰かと約束しているわけでは無いし、極く稀に10分くらい遅刻してもどうということはない。だから余計に他人を巻き込むな。だいたい、タイムカードは自分で付くものだ。しまった、今度から気を付けようで済むことを、他人を巻き込んで、そのくらいしても良いとか、意地悪だとか、ごちゃごちゃ言うのが変だ。ルールはルールだ。

彼は変な所で、自分は特別だという意識が強い。特に私と仲が良いと思っているらしく、総務の私がちょっと融通をきかせてくれればいいじゃん!とか思っているらしい。

俺が頼めばきく。と思っているらしい。その自信はどこから来るんだ??

 

2、残業とチャラにしてくれれば良いじゃん

 毎日殆ど定時で帰る。でも、1分や2分は遅くなることも有る。しかし、会社では15分未満の残業は手当が付かない。その分と相殺してチャラにしてくれれば良いのでタイムカードを押しておいてくれれば良いのに・・という。だいたい、30分くらい早く帰社して、会社でペットの話をしていてサッサと帰るのに、残業というのもおこがましい。

 

3、あんただって、雪で道路が渋滞だと遅刻しただろう

 う~~ん、私はこの人に「あんた」と呼ばれるのかい??。確かに私は「遅刻すると焦るので事故に逢いやすいから気を付けなさいよ」とは言った。遅刻したのを「偉い、偉い」とは言えないだろう。「(今度から遅刻しないように)気を付けてね」と言うのが普通だろう。(あれ?普通じゃないのかな?私がおかしい??)

 

4、そして機嫌悪く仕事に出て行った

 そして機嫌悪く会社を出て行った。最近はSNSで可愛い娘さんから反応があって・・とかで異常に機嫌が良かった。良い時代だと思うけれど、現実世界がちょっと希薄になっているようだ。現実生活もちょっと気を使って欲しいな。振り回されるこっちは年寄りなんだから身がもたない。

 

5、そして私は・・・

 釣りバカの浜ちゃんもフーテンの寅さんも、見ている分には面白いけれど、現実に相手をするとなると、これまた困ったものだ。

 馬鹿を相手にウジウジするだけ馬鹿だと自分に言い聞かせ、さっさと忘れて今日の仕事を消化していく。自分が正しいと疑わない私も問題だけれどね。そして、ちょっとね、すぐ論理明快に反論できなかったのが口惜しい。

 

 いつも訪問しているブログで凄く美味しい。ペットボトルのお茶なんて比較にならないと書かれていた「白桃烏龍 極品」のティーバッグを注文した。早く届くと良いな。

 楽しみだな。

 ごちゃごちゃ言う煩い同僚は「白桃烏龍 極品」に負けました。

 

 歯に色が付くので白湯を飲むようにしていたのだが、あまりの暑さに飲めなくなった。コーヒーも進まない。なぜかお茶なら飲めるのだ。

www.lupicia.com

 

追記 2017.7.28

 ルピシアさんから発送しましたとメールが入る。着くのは29日。会社に着くように頼んだので土曜日になるから変更を頼まなくては・・と思っていたら28日の午前中に届いた。早く届けて貰えて嬉しいが、時間指定も14~16時になっている。全然指定どうりではない。良いのかね?

 ワクワクしながら封を切る。あ、ちゃんと桃の香りがする。お湯を熱くしてポットに入れる。さらに桃の香りが際立ってくる。お茶はちゃんとウーロン茶の味がする。ティパックなので簡単だ。流石に2煎目はちょっと渋みが出てくるが、ウーロン茶の味もしっかり残っている。美味しい。

 お茶の本も付いてきた。これほど・・と思う程の種類。少しずつ試してみたい。人生は思いがけない所で楽しみができるものだ。とりあえず、次はジャスミンティーを飲んでみたい。

 

 もう何年も前、新宿の中華屋さんで飲んだウーロン茶が美味しかった。それで、ウーロン茶を見かけると買ってみるのだが、うん、これ!と言うのが見つからない。スーパーに出張販売している台湾のお茶屋さんからも買ってみたけれど、高いわりにはペットボトルのウーロン茶の方が美味しいなぁというのが実感だった。台湾に旅行して、連れていかれた大きなお土産屋さんで買ったウーロン茶も、試飲させてもらった時は美味しいと思ったのだが、自宅で飲むとイマイチだった。そこで、効果てきめんと言われて買った減肥茶は、一緒に買った人曰く、友人にお土産に渡したらアレルギーを起こして救急車で病院に搬送され、散々恨まれた。飲まない方が良いとのことで、慌てて捨ててしまった。そんなこんなで、緑茶も含め、お茶類は好きなわりにこれといったものに巡り合わないでいた。でも、この「白桃烏龍 極品」は美味しい。ほかのお茶も期待できそうだ。楽しみである。

 

続かなかった新入社員

 私が勤めている会社では、去年から求人を出していたのだが、なかなか応募が無く、5月に入って開業以来の応募があった。その中で若い方から2人が採用となり、3か月の試用期間という事で社員について現場に出かけていた。

 現場から彼がこれ以上続けていくのは、多分無理だろうとの声が上がり、今月一杯で退社してもらう事となった。

 まぁ、若いし、今は求人不足だし、何とか新しい職も見つかるだろうし、親もいるし、何とかなるだろうとは思う。

 しかし、結構自分は落ち込む。その理由としては

 

1.彼が本採用にならなかった理由は、物を知らないためじゃないかと思う

 朝礼のある日に遅刻してくる。帰る時はタイムカードの前で定時になるのを待っている。挨拶ができない。社員の話の輪に入らない。社員が仕事をしていても自分からは手伝おうとしないでゲームをしている。

 どれも問題ではあるが、決定打という程でも無い気がするけどね。朝礼のある日くらい5分前に出社しなよね。退社も1番じゃなくて、2番目くらいにしなよね。どうせ残業なんて無いんだし、5分は遅くならないんだから。挨拶なんてすればいいじゃん。どうせ一番年下の新入社員なんだから、ダルマかお地蔵様だと思って、「おはようございます」って言えば良いじゃん。話の輪には入れないよね。そんなのニコニコして訊かれた事だけ答えていればいいのに。手伝わなくてゲームをしているのだって、今時の子供だよね。教えてあげなくちゃいけないよね。お金を貰うという事は仕事をすることだって。

 そして一番の私の後悔は、私も何も教えてあげなかった事だ。

 こんな、些細な事でつまずいていてどうする青年。

 ぐっと気が重くなる。

 年を取るにつれて、いろんな事が体に響いてくる。

 

2.誰も彼を庇わなかった

 二つ目の落ち込みは、誰も彼を庇わなかった事だ。誰か俺が世話を焼くのでもう少し様子を見て貰えないかと言う人がいなかった。まぁ、彼がそれだけの人間関係を構築できなかったということもあるけれど。でも、だいたい何処かで気に入ってくれる人がいて、庇ってくれる人とか仲間とかができていくものじゃないのかしらん。教えても上げないで批判ばかりしても仕方が無いと思う。確かにあいさつなんて、教える以前のものだという意見はわかる。しかし、できないんだもの仕方ないじゃないか。俺が教えますから・・なんて先輩はいなかったな。

 結構冷たい会社と社員達なんだなと思って、それもちょっと落ち込む原因だ。

 

3.さて、問題は・・・

 そんなこんなで彼は会社を辞めていった。私は自分の落ち込みと向き合わなくてはいけない。つまり、自分には力が無いんだという自覚をしなくてはいけない。そして、見て見ぬふりをしていて良いのかという問いかけをしなくてはいけない。

 

 

300冊スタート(68)

1.のっけごはん

  ご飯に溶けるチーズと生卵、なんて、どうという事ないのだが、あまりに美味しそうな写真。この本屋さんに行くたびにチラ見して、でも難しいレシピではないので買う程でも無いか・・といつも諦めていた。買っちゃいました。あまりに美味しそうなんです。目玉焼きとウインナーののっけごはん。美味しそう・・。夜中に炊き立てのご飯にバターをのっけて、お醤油を少々なんてのも気をそそられて・・。ちなみに今日の私のお昼はタラコとザーサイののっけごはん。

2.生まれ変わりの村

 読むだけで運が上がる。死ぬときは痛くない。これが帯に書いてある。運が何とか言い始めると私は危ない。と、わかっているが運に縋りたくなってくる。死ぬときは痛くない??死ぬときは痛くないらしいが、死ぬまでも痛くないとは書いてない。死者には色々を送ることができるそうだ。写真を焼けば良いそうです。たまたま出会ったお金の写真、プリントしました。

 

のっけごはん100 (別冊すてきな奥さん)

のっけごはん100 (別冊すてきな奥さん)

 

 

生まれ変わりの村 4

生まれ変わりの村 4

 

 この他には「隼新八御用帳」を読んでいます。相も変わらず平岩弓枝さん。

 

スポンサードリンク