華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(70歳)を過ぎた独身女性、子供の無い不安、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

雨にも負けず、雪にもめげず

久し振りに雪が積もり、雪掻きをした。

でも、予報されていたような大雪ではなくほっとしている。

 

土曜日は映画「アクアマン」を見た。

その中で、弟に意地悪をして「ごきぶり」を陸の「えび」だと言って食べさせる場面が有るのだが、俳優というものは凄いと思った。

役となれば何でもこなさなくてはいけない。

 

バレンタインのチョコを見ながら、甥にチョコ送ってあげたいな。なんて思う。

でも、チョコ1枚送ってあげるのも何なので、色々足したら結構大変だしね。

まだ時間は有るので考える。

イベントで小さなロボットが出ていた。

お話をしてくれるとの事で、本当に外にも出られなくなったら、こんなロボットを相手に暮らすことになるだろうか。

 

5月の連休中に「松代荘」に行こうと思い、予約を取った。

思い切って3連泊と思ったら、もう5月4日は満室との事で、2,3の2連泊で予約した。

ちょっと先過ぎる気もするが、旅行の予定は早くに立てる方が楽しみが長い。

ビックリしたことに、連休価格で少し割高だ。

休前日でも値段が変わらない宿だったのだが、「ブルータス、お前もか・・」という心境である。

でも、ちょっとした宿の1泊分の値段で、まだまだ手が出る範囲だ。

温泉宿も何か急に値上がりして、手が届かなくなってきた。

1泊5万円、6万円なんて数字が平気で目に付く。

 

大谷さんの1000億円から、自分の手に付く、手に付かないは別にしてお金の垣根が下がった気がする。

1億2億では驚かなくなった。

他人の1億2億円には驚かないが、1234円(老齢基礎年金の引き上げ)にはちょっと敏感になる。

1.9%の値上げと言うが、物価はもっと上がっているから、結局は目減りだ。

しかし、1.9%の利息は銀行預金には付かないから、有り難いと言えば有難いのか?

 

何かで年利7%位で回せれば有難いけれど、その方法がわからない。

そして失ってもよいお金なんて無いので、結局買えないということになる。

怖くてお金が使えない症状だ。

 

今月中に通さなくてはいけない書類の目途がついた。

明日はもう一声頑張ることにする。

ちょっとほっとする。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク