華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(65歳)を過ぎた独身女性、子供の無い不安、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

チビ娘より高校合格の知らせが届く

今日が発表日だとは知ってはいたが・・、多分大丈夫だと父親から言われていたが・・

でもやはり心配だった。

 

チビ娘より「合格したよ~~」という電話が入り、とても嬉しい。

その前に甥(父親)からも電話が入っていたのだが、チビ娘は姉に怒っていたようだ。

「私が知らせようと思ったのに、お父さんが先に言っちゃって・・」

 

お父さんも嬉しかったのだよ。

「お菓子もお父さんが食べちゃう!」という所は、まだまだ子供である。

 

でも、本当に良かったよ。

私立も受けていたので、高校浪人になるとは思わなかったけれど、やはり受験失敗は大きな挫折を感じるものね。

 

山も綺麗だよ。

f:id:seikotyan:20220301102807j:plain

楽しい高校生活を過ごしておくれ。

 

今朝はお隣さんから「はるか」というミカンを頂いた。

良く産直店で見かけたけれど、レモンのような外観で、酸っぱそうで手が出なかった。

 

しかし、頂き物。

まず食べてみました。

皮が厚い。

でも中身はジューシーで、思いがけず酸っぱくありません。

 

もう今頃のミカンはちょっと内皮が厚くて、もう季節も終わりだなぁと思っていました。

でも、このはるかは思いがけず美味しい。

なので、チビ娘からの電話が嬉しくて、ついこれも送ってしまいました。

まぁ、柑橘類が好きな娘達なので、文句も言わずに食べてくれると思います。

 

さて、お隣の娘さんは、いつの間にか大きくなって音大に通っていると言う。

この不況のさなか、お母さんが「私が頑張らなくっちゃ」と言っているそうだ。

強くて逞しいお母さんである。

 

そして、お隣のご主人はすでに60歳になられたと言う。

そろそろ年金でゆっくりと思うけれど、子供がまだ学生なので・・と言われている。

他人の財布を詮索するのはいけないが、新しい家も建てたばかりで、年金だけで暮らしていかれるもんだろうか。

他人ごとでは無いけれどね。

 

そして、いつかは介護保険も使わなくてはいけない。

その保険料自己負担分、おむつ等々の介護物資の料金、医療費、どのくらいかかるかわからないのが問題だね。

 

最後までお読みいただき有難うございました。

 

 

スポンサードリンク