華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(65歳)を過ぎた独身女性、子供の無い不安、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

施設に入ると電話が来る

叔母さんからです。

 

85歳、一人暮らしをしていたが、メニエール病で、眩暈がひどく、施設に入所することにしたという。

もともと腰痛を持っているので、要介護2である。

 

私の一番の心配は、お金が大丈夫かな?という心配である。

何故ならば、私が推測するに、遺族年金も含めて、おおよそ15万円チョイくらいの年金だと思うから。

多分、病気もしないで、介護保険も使わなければ、現状維持ができるけれど、ちょっと危ういかもしれない。

 

高齢者の一人暮らしは大変だ。

悩みの1番は、ごみを出せないということらしい。

第二にストーブの灯油を足せない。

第三に病院へ出かけられない。

 

1,2は家事支援に組み込んでもらえば良いと思うけれど、そうもいかないのか??

3は通院にタクシーを使うのにはお金がかかりすぎるということらしい。

 

あまり余計な口出しは控えていた。

だって、面倒を見ている姪御さんに失礼だもの。

やはり、一番には姪御さんに相談することだものね。

 

しかし、メニエール病の原因はストレスというから、一人暮らしにはそれなりにストレスがあったのだろう。

特に病気の時は心細いことだろう。

85歳だからね、よく頑張ったという事だろう。

 

しかし、思いがけずにショックである。

メニエール病は命にはかかわらないそうだけれど、まだまだこれから、本当に命に係わる病気やら何やらが起こってくる。

まだまだこれからが大変だ。

 

施設では、温度管理もしっかりしてくれるし、食事も3食出してくれる。

まぁ、問題は、それが口に合うか合わないかという事だが。

もちろん我儘はきかなくなるね。

いつかは自分も行く道であるけれど、ご飯を食べさせてくるだけで、生きているのに満足できるかな。

慎ましくも自分が食べたいものを食べて、着たいものを着て、読みたい本を読んで暮らしたいものだ。

そのためには、ボケないで暮らすことだが、自分がボケていないという事は、どうやって確認するんだろう。

けっこう難しい気がする。

 

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサードリンク