華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(65歳)を過ぎた独身女性、子供の無い不安、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

kindleの本が増えたこと

はてなブログ10周年特別お題「10年で変わったこと・変わらなかったこと

劇的にkindleの本が増えた。

 

只今1529冊。

2014年くらいから買い始めている。

 

10年前と言うと、58歳。

すでに、今の会社に勤め、姉と暮らしていた。

 

だから、生活には、それほどの変化は無い。

その間に定年になり、再雇用となって、仕事の責任はぐっと減った。

毎日の気苦労はぐっと楽になった。

今はいることが仕事・・という感じである。

 

チビ娘2が昨日で11歳になった。

あっという間に大きくなったものだ。

小学生だったチビ娘1が高校生になる。

 

その間、自分は年を取った自覚はサラサラない。

それが、突然、久しぶりに友にあったりすると、その老け方にビックリする。

同じだけ自分も老けているのだけれど。

 

昨日は曽野綾子の本を見た。

彼女は90歳になったそうだが、表紙を見てびっくりする。

急に老けた姿であった。

 

その本の中に、晩年の三浦朱門のことが書いてあった。

毎日駅まで歩き、本屋でその日読む本を1冊買ってくると言う。

ちょっと良いなと思うが、私が歩いて行ける場所に本屋は無い。

kindleになるのだろうか。

現金を使わない生活は、買い過ぎが怖い。

 

昨日は腕の痛みの治療で整形外科に行った。

もう痛みはほとんど無いのだが、減薬のために通院している。

それが思いがけず早く終わったので、本屋さんへ行った。

リアルの本屋と、アマゾンのkindleストアーはやはり違う。

本屋では、ペラペラと飛ばし読みをして、自分の印象通りの本か確かめる事が出来る。

重さのない世界が、急に周囲が重くなる・・という感じがする。

本屋で買う本は、ここ(本屋)で読み切るには体力不足、そんな本を持ち帰ると言う感じだ。

 

確かにkindleでも、チラ見が付いている本も有るけれど、それは、ほんの頭の一部。

もうちょと後ろが見たい。なんて我儘は聞いてもらえない。

 

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサードリンク