華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(65歳)を過ぎた独身女性、子供の無い不安、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

姉、桃太郎になりそびれる

昨日帰宅すると、姉が川に落ちたという。

結構な水量が有るので、暗渠の手前で、そこに入ってしまうと、そのまま流されてしまい、危機一髪だと笑っていた。

 

いや!!笑い事ではないでしょう!!

 

まったく、桃太郎になりそこなったらしい。

実は甥も小さい時、自転車で川に飛び込み、流されかかっている。

親子だわ!!

 

本当に毎日何が起こるか分からない。

 

先日行った道の駅に、中華風の小物が置いてある。

ストラップ風の物とかが、500円程度である。

そこで、獅子風の焼き物のストラップを買った。

せいぜい2㎝程度の小さな物である。

 

しげしげと見ている。

小さな牙も、ピンクの舌も見える。

尻尾もクルクルと渦巻いている。

鼻も可愛い。何より、小さな黒い目が可愛い。

ぽちゃぽちゃとした所が愛くるしくて、思わず笑いを引き出す。

見ている内に、動き出し、まとわりつきそうだ。

何処の誰が、こんなに可愛いものを作ったんだろうか。

 

こんな物でも、買うと嬉しい。

 

形のある物は壊れる。

当たり前の事だけれど。

それが、何か心に刺さって、つらい。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク