華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(70歳)を過ぎた独身女性、子供の無い不安、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

ハンサムボーイ

昨日は、会社で一人黙々とお中元の包みを作っていた。

そうしたら、手伝いますか?と声をかけてくれるハンサムボーイ。

勿論、爽やかな好青年だけれど、声をかけてもらうと3倍くらい好印象UPだ。

会社の人は、皆、それぞれ良い人だけれど、進んで仕事を手伝ってくれる様な人は少ない。

手が空いていても、自分の仕事以外には手を出さないのだ。

もちろん頼めば手を貸してくれるけれどね。

 

今時の人は、帰社しても黙々と一人で携帯を見ている。

最近入社した女の子も、お昼は携帯見ながら一人でご飯を食べている。

携帯と言うバリアーが張り巡らされ、余計な事は話しかけないでねと、立て看板を立てている様だ。

これも良いのか悪いのか・・

 

会社では、突然WIFIが切れてしまった。

てっきり、私のPCが古いからかと、必死にあれこれしたが、改善ならず。

結局ルーターを見に来てもらうと、またもやジャックが違う位置になっているという。

だって、そんな所をかまう人はいないのにね。

不思議だ。

 

水ナスは4つも採れたので、早速塩漬けにする。

今朝食べたら、流石水ナス、もう漬かっていたが、随分としょっぱかった。

今晩はおナスの漬物だ。

お昼はマーボーチャーハンをセブンで買った。

しかし、食べきれなかったので、夕飯に回そうと思う。

お昼ご飯の残りを持って帰るなんて、私も随分なものだと自分でも呆れる。

でもね、3口しか食べられなかったのだもの。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

手術成功

姉の手術が成功で、病院より電話が入った。

手術の付き添いも、お見舞いも禁止で、今度会えるのは退院時である。

楽と言えば楽なのだが。

3万人に一人くらいは、手術で命を落とす人がいるなどと言われて、それでも少しは心配した。

 

思いがけず一人暮らしは時間が掛かる。

帰って食事を作り、シャワーを浴びて、布団に入る。

庭の花に水やりもしなくてはいけないし、掃除、ゴミ出しもしなくてはいけない。

おおよそ1時間以上の時間がかかる。

 

今日は帰ったら、水ナスを採って漬けなくてはいけない。

これ以上おいて置いたらボケナスになってしまう。

ごはんも、おこげが食べたいけれど、量はそんなに要らないかな。

本当に食べられなくなってきた。

ちょっと寒しい気もする。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

でも、遠慮しないでマッサージ器を使えるし、

姉の入院

姉がひざの手術の為に入院した。

別に私がすることは無いのだが、ただ病院まで付いていくだけなのだが、何か疲れた。

しばらく一人暮らしが続く。

明日は姉の入院と言う日に、朝起きると背中が痛い。

ちょっと息をするのも苦しい。

一昨日からは、左膝が痛い。

膝は、お行儀悪く足を出して寝て冷えたらしい。

1日で足が痛く引きずるようになるのに、直るのには3日もかかる。

温泉に入って、足にサポーターをして、湿布をしてやっと治る。

冷えるというのは、まったくいけない。

しかし、もう7月だからね。

 

姉の入院に際して、コロナ以降、病室には立ち入り禁止となり、ほぼ預けっぱなし。

なので、家で私は一人でやりほうだい。なんて思うのだが、そうは問屋が卸さないらしい。

少し寂しい。

睡眠薬を飲んで寝てしまった。

 

男子バレーは頑張ったけれど銀メダルで、金に僅かに手が届かなかった。

蘭ちゃんも欠場したしね。

オリンピックを楽しみにしよう。

オリンピックを楽しみにするなんて、何年ぶりだろう。

 

本は相変わらず「12国記」を読んでいる。

6年も地下の穴に暮らして、お風呂にも入れず、着替えも出来ず、そして歯も磨けずに大丈夫だったのかなと思う。

なぜなら、自分の歯が、ちょっと手を抜くとすぐ不調になる。

でも、王は仙だから、並の人間のように病むことは無いのだろうか。

この物語はまだ続くのだろうか?

でも、続編が出るのはまた十数年先だろうか。

そうすると、私はその世界は見れないのだろうか。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

明るくて大きな声は良い事ばかりじゃない

カリカカリカリカリ。

会社の保険屋さんの担当者が変わって、中年の女性となった。

高くてよく通る声の方なのだが、特退金の掛け金の変更書類をお願いしたら、今度から保険会社で書類を作って、そこに会社の印鑑が必要だと言う。

それは良い。

しかし電話で、名前と口数をしつこく聞く。

全員の口数を増やすわけでは無いので、簡単に言うと従業員には聞かれたくない。

増やしてもらえない従業員は良い気がしないものね。

それをキンキンと大きな声でしゃべるので筒抜けになりそうで、後日連絡ということで電話を切った。

その時に定年時の退職金の試算も頼んだのだが、それを持参してくれた時に、紙で増額対象者と口数を書いて渡した。

そうしたら、事務所の窓口で大きな声で、良く通る声で、対象者の名前と口数を確認していく。

事務所の女の子達に筒抜けである。

もっと小さな声でしゃべってくれ。

若い子ならともかく、私と同じくらいの年配の女性である。

 

そして、どうしても社長に会いたいと言う。

その態度が、あんたじゃ話にならないわ。私は社長じゃ無ければ相手にしないのよ的な物言いである。

はいはい、社長に直接アポ取ってくださいね。と言う気分だ。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ぐいぐいグイと押して来る。

給料日の仕訳。無駄遣いできないわ

今日は給料日で、何はともあれ、給料を振り込めてホッとして、ついでに自分の7月の予算を見てみた。

家に毎月お金を入れているが、7月は姉が入院して、食事は自分で作らなくてはいけないのだが、そこから食費のバック分を貰えるのかな?

なんて、細かい事を考えている。

思っているだけで、食費分返して・・なんて言えないけれどね。

そして、甥の所に送っている週1回のパン代、これは立替になるんだろうなぁ・・とかね。

そうすると、食費が3万円、毎週送るパン代が3万円、約7万円程必要になる。

一人でちょっとご馳走を食べよう・・なんて、とんでもない事で、節約できるのは食費の部分ということになる。

気を緩められない事になった。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク