華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(65歳)を過ぎた独身女性、子供の無い不安、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

老後資金2000万円のリアル 必要なのはわかるけれど、貯まるんだろうか・・

この所、新聞では毎日老後の資金2000万円を自分で用意しなくてはいけないとか、そうじゃないとか書いている。

麻生さんは、この報告書は受け取らないといっていたが、嫌な話は聞かない。で、済めば世の中ラクチンだ。

何と言うか、勿論私は年金だけで暮らしていかれるほどの年金額では無い。

だから、世の中の人は、年金だけで100歳まで暮らしていかれると思っていたのか・・、と、そちらもびっくりである。

竹中平蔵さんの本に、年金は保険であるから、貯金のように積んだから受け取れるというものでは無く、困った人が受けるもので、生活していかれる人が貰うものでは無い(うろ覚え)なんて書かれていてびっくりした。

それまでは、いや、今でも、私は年金はちょっと利率の良い貯金くらいの気持ちでいるから。

野党は「これでは詐欺だ!」などと大きな声を上げているが、そう言っている議員は実際に今の年金額で100歳まで暮らしていかれると思っていたのか、大いに疑問である。

しかし、結構皆さん何とか暮らしている。

ある人は年金額12万円(遺族年金を含めて)で暮らしているといっているし、友人は先月は10万円で暮らしたと言っていた。

私の周りは、どちらかと言うと、お金を使わない方が立派という風潮が有るので、貧乏を自慢する。

私の年金額は月額12万円程度であるが、5年間繰り下げる予定である。

そうすると、42%UPになる。

約月額17万円程度となる。

しかし、その5年間分720万円を受け取らないので、82歳までは、その分を分割で貰っているようなものだ。

 

では、それで暮らしていかれるのか

高齢単身無職世帯の家計収支が出されていたので見ると、

月平均支出は142,198円である。

17万円の収入が有れば、何とか暮らしていかれる。

と、いうことは、どうしても70歳までは勤めなくてはいけないということか。

ヤレヤレ・・

しかし、田舎ではどうしても自動車が必要になる。

ガソリン代、車検代、オイル代、これらはこの平均には入っていないだろうなぁ・・。

どう見ても、年金全部使って生活していくことになる。

 

高齢単身無職世帯の家計収支
   
   
  2017年月平均額(円)
  項      目  
実収入 114027
社会保障給付 109530
その他 6856
   
消費支出 142198
食料 354181
住居 14538
光熱・水道 12989
家具・家事用品 6098
被服費 3808
保険医療 7936
交通・通信 13148
教育 0
その他消費支出 31412
  諸雑費 13262
  交際費 17528
  仕送り金 589
非消費支出 12544
  直接税 6611
  社会保険料 5819

平成29年家計調査報告(家計収支編)より作成

 

頑張って70歳まで、この調子で働けば食べてはいかれることがわかった。

しかし、その他に、両親のお墓を始末して永代供養をしてもらわなくてはいけない。

最後には、介護保険の費用も必要になる。

若干の医療費も必要だろう。

葬式代だって用意しなくてはならない。

75歳になれば、車も買い替えなければいけないだろうし、家も多少は手を入れなければなるまい。

姉の下の息子(甥)は姉に言うらしい。

「金の事以外なら、なんでも相談に乗る」

 

そう考えると、2000万円とは言わなくても、相応のお金は必要

 

あ~~、宝くじを買いたくなった。

 

最後までお読みいただき有難うございました。

 

-------------------------------------------

文旦を欲しいと言っていたので、チビ娘に送りました。お値段が手頃だったので。

スポンサードリンク