華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(65歳)を過ぎた独身女性、子供の無い不安、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

病気になると、たちまち行き詰まる生活

労災保険の診断書を貰いに行って来た。

ちょうど、本人が頼んだ「通院にタクシーを使わないといけない証明」は、出せないと言われた。

あたりまえだのクラッカーで、左手の親指の皮を剥いて、通院にタクシーを使わなければいけないのはわからない。

労基の足は大丈夫なんだから、歩いて通え。という方が普通だと思う。

労災は会社で特別加入してる保険もあるため、100%補償なので、特に心配は無い。

 

問題は先日見つかったリンパ腫の人である。

傷病手当は60%補償されるが、60%である。

勿論無いよりはましだけれど。

この人の場合、総支給額は50万円を超える。

だから、というべきか社会保険料8万円、住民税27000円。合計107000円が引かれる。

傷病手当30万円から107000円が引かれ、手取り193000円となる。

入院時の食事負担が1480円/日、41400円/月は必ずかかる。

限度額認定を使っても、医療費は10万円、食費他雑費が5万円はかかるだろう。

もう、完全にパンクだ。

マンションに住む夫婦2人の普通の生活が26万円と言われている。

そうすると、必要なお金は26万円+15万円ー193000円=217000円が毎月赤字となる。

どのくらい入院するか分からないし、奥さんも働いていないし、考えるだけで胸が痛くなる。

 

スポンサードリンク