華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(65歳)を過ぎた独身女性、子供の無い不安、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

世界一美味しいお菓子ハルヴァ、どんな味やら・・。

この所、休みになるとブログがお休みとなる。

理由の一つはブログ村の直接トラックバックができないということも有るのだが、何となく毎日書くということに疲労を覚え始めた。

それに、他人のためになる情報といっても、それ程持っているわけでは無いので、即話題切れである。

この連休は野沢菜の漬物を友人に貰いに出かけた。

それも樽で漬けてもらったものを。

田舎は何かと大量だ。

日曜日は姉の肩が上がらないというのを、付き合ってマッサージに出かけた。

月曜日は友人も含めてランチ会。

久しぶりにコートを着る。

何たって今年はフリースを着て終わりで、楽では良いが、誠に色気が無い。

 

姉・米原万里 (文春文庫)

を読み始め、あまりの面白さについ読み切ってしまった。

なんと、万理は3回もお便所に落ちている。

昔のお便所は鬼門で、ここに落ちて命を落とす子もいたのだが、何と、彼女は3回も落ちたそうだ。

妹、ユリが、1回で普通は懲りるものだが・・と言っているが、誠にそうで、つくづく運が強いのだと感心する。

彼女は個性的で、壁一面に絵をかいてしまったり、幼稚園で先生の手に負えなかったりしたようだが、母親がさらに偉くて、幼稚園では、子供一人見られないような教師には任せられない、と母自ら幼稚園を見限ってしまう。

この本の中で、世界で一番美味しいお菓子として、ハルヴァが紹介されている。

ハルヴァ・タヒーナ・ピスタチオ 800g【ハラル認証】Halal Halawa Tahina Tahini Pistachio シャミア Halwa/Halva chamia (タヒーニ/ハルワ)

世界で一番!!

アマゾンで見たら出ていた。

アマゾンって、何て凄い!と、また再確認してしまう。

 

相撲が始まって、稀勢の里をハラハラとして見ている。

先日の本で、

清水義久 金運革命CDブック (無限にお金が舞い込む「神の資本論」)

想像の中でお金をあげると良い。と、書いてあったので、

想像の中で、稀勢の里、勝ったらご祝儀100万円、対戦相手に、負けたらご苦労代100万円とやっていたが、稀勢の里は負けてしまった。

あまり信憑性は無いな。

 

身の上相談で、70代の女性が、親族も無く、資産も無い。

今は自立して暮らせているが将来が不安だ。

行政に相談しても、今の状況では、何も支援出来る事は無いと言われた。

自立できなくなって、介護が必要となるまで、一人で頑張らなくてはいけないのか?という相談が寄せられていた。

その通りで、わかっているんじゃないか。と思うけれど、ふと迷うんだろうか。

 

私としては、とりあえず頑張るが、一番の不安は孤独死して幾日も発見されないことだ。

これについては、良い物を見つけた。

www.post.japanpost.jp

携帯電話で1180円。毎日チェックが入る。

で、問題は、この情報を誰に伝えるかだな。

これからもいろんなサービスが出てくるだろうし、介護だって、ロボット化が進むだろうしね。

何がどうなるかわからないなぁ・・。

スポンサードリンク