華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(65歳)を過ぎた独身女性、子供の無い不安、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

外は大雪注意報、しんしんと寒くなる予感。

今夕から大雪注意報が出ており、少々心配。

外もグングンと寒さを増している。

社長から息子に総務事務を教えるようにとの指示あり。

どういう風に教えたら良い物やら。

私も後4年働こうと思っているが、この様子だと、ちょっと先が思いやられる。

そこまでは働けないかな・・

し・か・し・・働かなくては生活が・・

なんて思っているもんだから

清水義久 金運革命CDブック (無限にお金が舞い込む「神の資本論」)

なんて本を買ってしまった。

こういう所が私の危ない所だろうな。

それで済めば、世の中に貧乏人はいないわ。何て言われてしまうだろう。

 

今朝は久しぶりに米村真理の

打ちのめされるようなすごい本 (文春文庫)

を聴いてくる。

そこで紹介されていた「ピョートル大帝の妃」が面白そうで、つい注文してしまう。

ピョートル大帝の妃―洗濯女から女帝エカチェリーナ一世へ

文字も知らない洗濯女から女帝にまでなる物語である。

それも実話なのが凄い。

まったくアマゾンって凄いよな。

こんな片田舎で古本がすぐ検索できて、その上届くのだ。

その値段、送料込み1038円。

高いのか、安いのか??

やはり思うのだ。本くらい好きに買わせてくれ!!

買うだけかもしれないが・・

 

スポンサードリンク