華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(65歳)を過ぎた独身女性、子供の無い不安、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

冬のある日の怪談

今日で人生六並びの時間を生きてきた。

本当に不思議なくらいだ。

姉も今月が誕生日なのだが、姉は七並びとなる。

ひと昔前は、そのくらいで亡くなる方もいたのだが、姉はちょっと見はまだまだ若い。

健康年齢は平均75歳くらいだから、元気でいてくれることに感謝しなくてはいけないと思ってきたが、最近はふと変だと思う事が増えてきた。

まず、部屋が片付かない。

朝も10時から12時くらいまで眠っている。

覇気が無くなった。

食事を作らなくなった。

 

同居している家族が、ある日突然変化する。

なかなか怪談めいている。

 

母と同居していた時、ある日、家に帰ると、暗い居間に母が一人座っていた。

「どうしたの?電気も付けずに・・」と言うと、

「どうしたら良いのかわからない・・」という。

その時から母の変化が始まった。

 

本当に普通の生活が、ある日突然崩れていく。

ガラガラと崩れていくのだが、もっとも、

それもいつか終わるのだけれどもね。

 

百まで生きる覚悟 超長寿時代の「身じまい」の作法 (光文社新書)

この本を読んでいると、自分の年金で亡くなった娘の婿と同居して、食事の用意をしている90代の女性の事例が出てくる。

婿は食費も光熱費も出さないそうである。

でも、決まった生活習慣で食事を作る事が彼女の健康を支えている。

 

長寿になると、身内で先に亡くなる人も多いので、この様な話は良くある。

先日聞いた話は、同じく娘が亡くなり、婿と暮らしていたが、食費も光熱費も入れないので、孫の所へ移ったが、それもうまくいかず、結局施設に入居したとか聞いた。

 

最近は甥(姉の下の息子)が月~金まで昼の12時半~4時くらいまで来る。

そうすると、姉は味噌汁の1杯でも作ってやらねばならず、どうしても10時か11時には起きることになる。

甥は小さな弁当を持参で、来たら一人で姉の作ったおかずと弁当を食べ、炬燵に潜って昼寝をして、お菓子を食べあさって帰っていく。

私は、せめて昼ご飯くらい一緒に食べて「母さん最近どうだい・・」くらいの話をしろ!と思うのだが、変な親子だ。

しかし、この本を読んで思った。

 

息子が来てくれるお陰で、ともかく午前中には起きてくる。

生活にリズムができるのは良い事かもしれない。

 

そしてまた考える。

最近できた姉のボーイフレンドについて。

それも生きる張り合いだろうから、あまり嫌な顔はするまい。

正直に言えば、いくら付き合ってくれても良いけれど、私を巻き込むな・・と思うのだ。

でも、いろいろ言うまい。

それで元気になれば良いじゃないか。

そりゃあ、今の時代、寿命は90から100歳近くまで生きるかもしれない。

でも、元気で、つまり自分の生活を自分で確認しながらできるのは、いつまでかわからない。

今を頑張るしか無いな。と。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク