華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(65歳)を過ぎた独身女性、子供の無い不安、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

南信の名湯、昼神温泉に行ってきました。

長野県の南、昼神温泉に行ってきました。

hirugami-tenshin.jp

何故ここを選んだのか。

泉質がとても良いという評判で、叔父の退職慰労をかねて宿をさがしていたのですが、ゴールデンウイークで、どこも満室。

旅行社の人が良い宿ですよと勧めてくれました。

そして、その朝、なんと、チビ娘たちが来訪。

置いていくわけにもいかず、同じ宿に部屋を取ってもらいました。

それが10年前。

本当に月日はあっという間です。

その時は、お部屋は新しく綺麗でしたが、ちょっと手狭な感じでした。

中居さんたちがとても親切、お風呂はプールの様に大きい。

朝市が目の前であり、珍しい漬物や野菜、お餅などが沢山売られていて、人も沢山出ています。歩くだけで楽しい。

 

そんな思い出につられて、またこの宿を頼みました。

今回はツアーのバスが到着していました。

今、スキー場のゴンドラを使ったナイトツアーが評判なんです。

以前は車を回送してくれましたが、今日はご自分で駐車場まで移動してくださいとのことです。

お部屋に案内してもらって、早速お風呂。

う~~ん

大きなお風呂だけれど、もっと大きかったような・・。

食事は食事処が綺麗になって、お料理も綺麗で美味しい。

問題は、姉が魚も肉もたべられないと言い出したことです。

せっかくのお料理ですが食べられない・・。

お部屋は4階ですが、焼き魚の臭いがして眠れないといいます。

私はそれほど感じませんが、姉は病後、臭いに敏感になっています。

 

楽しみにしていた朝市。

美味しそうなお餅が出ています。

茶饅頭が蒸かしたてで美味しそう。

銘菓というゆり饅頭も買って来ました。

大きなお大根も100円。煮物にすると、柔らかくてトロトロ。

ニンジンは帰宅してカレーに入れようと切ると、新鮮な臭いがします。

お店はそれほど沢山出ているわけでは有りませんが、結構色々買えて満足。

 

結構遠くまで旅行に来た気分、と姉が言ってくれました。

スポンサードリンク