華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(65歳)を過ぎた独身女性、子供の無い不安、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

年取ったって、夢に向かって行く姿は素敵!

ゴーンさんの問題がこじれているようだ。

3社のCEOの合議制といっているが、元々のルノーでは解任されていないのだから、こじれるぞ~~と思う。

想像するだけでも凄い。

ゾクゾク・・

 

お昼のTV「サラメシ」で、ミカンの農業法人が出ていた。

農業も最近は変わったものだ。

若い人が沢山就職している。

そこの社員食堂は7人の女性が運営しているのだが、その人たちは、この農業法人を立ち上げた7人なのだそうだ。

高齢になってきたので、現場の仕事は後進に譲り、社員食堂を運営することにしたそうなのだが・・

皆さんお元気!!

最年長は80代、それで、社員食堂の事業を、これから更に軌道に乗せて儲けよう。と、思っているそうだ。

こんな話、大好きだな。

 

 

山本周五郎「菊千代抄」を聴く。

山本周五郎「菊千代抄」

産まれた時から「男子」として育てられてきた姫(菊千代)が、自分が女であると知った心の葛藤が主題である。

最後には、紆余曲折を経て、初めから姫であることを知っていた、旧側近の若者と結ばれるらしい。

らしい・・というのは、予感させる朝日の光・・とかで終わってしまうので。

問題はここからだ。

8000石の主となっている菊千代と、旧家臣とはいえ、今は浪人に過ぎない若者が結ばれるのか・・。

でも、まぁ、父親は娘の人生を狂わせたという負い目があるし、女として嫁に行きたいと言えば、相手の若者を家臣に取り立て、適当に辻褄を合わせてやるかもしれない。

菊さん、これからが大変だよ。

 

お煎餅が美味しい。

ちょっと美味しいとなると、そればかり食べる。

菊千代ばかりではなく、私もなかなか難しい性格だ。

スポンサードリンク