華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(65歳)を過ぎた独身女性、子供の無い不安、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

変わらぬ日常生活が一番好きと再確認

今日は急に寒くて15℃。

余りの寒さに、新年会の抽選で当たったフリースを着る。

この辺の構わない所が、好きだ。

お洒落も好きだが、余裕(金銭的にも時間的にも)が無ければ、取り敢えず何でも着られる自分も気に入っている。

食事も、旅行の疲れであまり食べられない。

ご飯少々、おみおつけ、自家製茗荷の粕漬け(美味しい)、塩昆布、じゃこの御醤油煮。

これで充分、

デザートはお隣から戴いた柿と葡萄。

 

 

あぁ・・、それと宅配してもらっているヨーグルトR!

美味しいなぁ・・と思って食べている。

日本のご飯は美味しいよ~~~

 

旅行は楽しい。

日常とは別世界を見ることができる。

大きな石の教会も、精巧な細工がされた石灰岩の大聖堂も、まるで知らなかった世界だ。

オレンジの屋根が、ず~と続く街並みは美しい。

でも、たかが1週間で、肌はザラザラ、芯から疲れた。

毎日つつましい食事をして、たっぷりのお湯に浸って、クリームをたっぷり塗って眠る生活が、どれ程楽か思い知る。

 

昨日はチビ娘に旅行のお土産を送ったので、お礼の電話が来た。

元気なチビの声を聞く事が出来て嬉しかったのだが、姉のおへそが戻らない。

お土産を買って来るほど気にしているのだから、電話に出れば良いのに、電話にも出ず、意地を張っている。

長男の家族とは絶交中だという。

だから孫の電話にも出ないのだそうだ。

息子が謝らないと許さないという。

どっちもどっちだけれどね。

ハラハラドキドキ、悩みの種だ。

 

今日は紅霞後宮物語の発売日、kindleも同時発売。

紅霞後宮物語 第零幕 三、二人の過誤 (富士見L文庫)

予約しておくと、朝には配本されている。

kindleは、こういう所が本当に便利だ。

お昼休みに夢中で読んでしまった。

過激で冷徹な文林。

圧倒的な人気の小玉。

その秘訣は何だ?

 

 

もう1冊kindleで買った。

春は昔 ──徳川宗家に生まれて

徳川宗家に生まれ、会津松平家に嫁いだ女性の話であるが、会津藩士は維新後、塗炭の苦しみであった。

北海道にも会津藩士の碑が置かれていた。

そんな中、藩主家族はどんな生活をしていたのだろうか?

 

私は昔、例えば誰かにお金を貸して欲しいと言われた時、自分は有るだけの物を出さなくてはいけないような気がしていた。

自分が無傷ではいけないような気分かな。

きっと連帯保証とかで身を誤るタイプだな。

自分が立っていられなければ、手も差し伸べられない。と、考えられる様になったのは最近だ。

 

 

スポンサードリンク