華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(65歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

あっという間に終わってしまったお盆休みと私の愚痴

さて、お盆休みも終わった。

いつもは16日迄なのだが、今年は暦の関係が有って15日迄。

11,12日はただ寝ていて、13日はお盆のお迎え、14日は道の駅ツアー、15日はやはりただ寝ているという状況で、ちょっと不安を感じている。

何の不安??

最近咳が出ているので、肺炎ぽいのかな?なんて不安。

突発性肺炎になった人が身近に2人もいる。

それにお葬式が立て続けにあったので、ちょっと自分の残りの人生を考える。

まぁ、今日、明日には死なないけれど、10年、20年の保証は無い。

なので、少々身の回りの整理をしようと思っている。

襲来 上

襲来 上

 

 について。

この作者「帚木蓬生」という作者が好きである。

なぜなら、作品の真摯な所が良い。

今回も親鸞と、その耳目手足として対馬まで出かけた見助との話である。

法華経の行者として、ひたすら艱難辛苦に耐えて布教する親鸞

その親鸞を信じ、対馬まで出かけ、ただひたすら親鸞の耳目手足として30数年を過ごす見助。

ただ、わからない。

親鸞は「南無阿弥陀仏」と唱える念仏衆を批判する。

そして、「南無妙法蓮華経」を唱えろという。

しかし、蓮華経の内容は語られていない。蓮華経の行者の親鸞を踏み台として、「南無妙法蓮華経」と唱え、親鸞を信じれば良いという。

それって、阿弥陀仏を信じて、「南無阿弥陀仏」と唱えることにより心の安定をえようとするのとたいして変わらないと思うのだが・・

 

蒙古の対馬襲来の場面は凄い。

なぜ、こんな場面が書けるのか??という疑問が湧く。

男も子供も皆殺し、若い女は左手に穴を開け、ロープを通して数珠つなぎにして奴隷として連行していく。

その時の蒙古に取って、対馬人は人間なんて思っていないのだろうな。手に穴をあけて数珠繋ぎ・・

人間として、どこかを殺さないと戦争なんてできないな。

むりやり巻き込まれる戦争はやはり嫌だな。

戦後75年、平和で暮らせた事はなんて幸せだったんだろう。

できれば、後30年ほど頑張って欲しいものだ。

 

8日、9日の大阪は準備不足で、姉の友人のお墓参りをして終わってしまった。

それが目的だったから、それで充分だったのだが、なかなか行かれない所なので、もうちょっと準備していろんな所へ行きたかった。

たまたまお墓参りに予定していた日が、亡くなった方の誕生日。

まったく知らなかった。

宿泊を予定していたホテルでは、何故か部屋をグレイドアップしてくれた。

姉は亡くなった友人がお墓参りを喜んで、宿泊の部屋をグレイドアップしてくれた

なんて言っているが、そんな事はあるまいと思う。

帰りに文楽のポスターを見て、そうそう、一度は文楽を見たいと思う。

来年の目標だ。

 

道の駅は、例年は駐車場に車を止める場所が無いくらい混み合っているのだが、今年はその心配が無かった。

毎年桃を買う「道の駅中条」でチビ娘に桃を送ってもらう様に頼む。

大きな川中島白桃。10個ほど入って4500円。送料込み5739円

1個574円の桃。自分では食べないなぁ・・

黒姫のトウモロコシも売っていた。1本250円。

前にも書いているが、蜂蜜がべらぼうに値上がりしている。

 

14日の信濃毎日新聞では、「マイナンバー活用策 高齢者資産把握先送り」という記事が書かれている。

先送りということは、近いうちに実行されるという事で、1000万円以上の金融資産があれば補助をしないという方針らしい。

そのうち、不動産も含まれると、住宅を持っている人は殆ど補助を受けられない。

個人年金の積み立てはどうなるのかな?

これも金融資産なんだろうか?

どっちにしろ、高齢者の未来はあまり明るくない。

死ぬまで稼げる方法を考えないと生きていけない。

 

携帯のメールに佐川急便から配達日の再設定についてというメールが届いた。

丁度チビ娘に桃を送っていた時だったので、つい開けてしまった。

変な男の人の写真が出ていて、あわてて消去したが、それから来るわ来るわ。

ぴったりの相性のお相手紹介、なんやかんや。

佐川急便が携帯のメールになんて送ってくるわけ無いのだ。

だって登録してないんだもの。

それが、ついふと気が迷うのだね。

そして、次はアマゾン。登録したカードから金額が落ちません。カードを再登録してください。

こ~れ~も~。

まったく!次から次と!

お金持っていないから取られないけれど。

 

お休みで、何気なくお金を使ってしまったので、これからもう1度、今月の予算の見直しをするとしよう。

 

スポンサードリンク