華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(65歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

どうやって稼ごうか??

昨日は夕方吹く風に、ほんの少し秋の気配を感じた。

稲も赤ちゃんの和毛の様だったけど、いつの間にか穂がのぞき始めている。

確実に時間が過ぎている。

お盆も近いし、母の事を考えていた。

私と暮らしていたが、肺炎となり、肺気腫が発覚したりして、入院をした。

退院して、姉の所に引き取られた。

私は働いていたし、その間は母を一人にすることが多く、姉が引き取ることになった。

それまで、夕食を作って待っていてくれた母が、暗い部屋で黙って座っている。

どうして電気をつけないの?と訊くと、「わからない・・」と言う。

それが多分、75,6歳の頃だった。

先日亡くなった叔父も75,6歳までは元気だったけど、その後入院、施設への入所などの時期が4年ほどある。

そう考えると、私も、残されている時間は知れている。

健康寿命は75歳。

後、10年、それももう半年は過ぎた。

焦るよね。

 

時々、自分の年齢を忘れる。

それで、個人年金の積み立てを始めたのは良いが、積み終わるのが75歳。

まぁ、この会社に最終的に就職したのが12年前、53歳なのだから、スタートが遅すぎる。

予定では・・

退職金大凡300万円を使って、投資生活に突入のはずだった・・

丁度仮想通貨が話題になっている頃で、買えば上がるという時期でもあったので、仮想通貨とICO、訳の分からない「何も分からなくても億万長者・・」なんていう情報商材にひっかかり、退職金は使い果たしてしまった。

ICOコインが暴騰して、今頃はウハウハの予定で、ネパールの子への支援分も借りてICOを買っていたが、利益を出して返せるはずが・・・

使い込んでしまって、僅かな今までの定期預金を崩して送金した。

毎月の生活は勤めている給与を使い切れば、何とか生活できる。

それほど贅沢はしていないしね。

1年間年金を繰り下げると、年間約12万円年金が増える。

しかし、貰わないのだから、大凡11年はチャラで、76歳からが利確分。

母と同じに82歳まで生きるとすると、72万円ほど多く貰える。

毎月6万円定期にしているようなものだ。

だから、給与は使い切る事にした。

もう、これ以上貯金しようとか考えない。

大体5年繰り下げると、年金額は42%増になり、40年間積み立てた42%だから、16年8か月分を5年で稼ぐこととなり、随分有利である。

それでもやるという事は、国も随分と年金を払うのに困っているという事か・・・

 

ところが、甥への支援のお金が出てこない。

お中元10万円、お歳暮10万円、こどものスマイルゼミのお金年間25万円、塾代支援年間24万円、車の税金45000円、車の保険64480円、合計80万円。

この他に、車検代が2年に1度、タイヤの交換代も数年に1度。

まぁ、ざっと年間100万程度か・・。

このお金を稼ぎたいのだ。

 

明日は、稼ぐ方法を考える。

 

スポンサードリンク