華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(65歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

求む!!元気はつらつ、生きている事が楽しくて仕方が無い・・となる方法

暑くって、持って歩いている目薬が沸騰しそうだ。

熱い目薬・・、

体に悪そうだ。

 

自分へのお中元という口実で、ボールペンを買った。

鼈甲調で、重厚な感じ。

書き心地はすこぶる良好。

何でも物を買うのは嬉しい。

私はわりと文房具が好きだ。

ボールペンは手軽なので、つい買ってしまう。

でも、何本も一度に使うわけでは無いのだが・・

今度、ボールペンの箱でも作ってみようかな。

何を持っているのか忘れてしまうので、一目でわかるボールペンケース。

なんて、どうでしょうか。

 

昨日は息をするのが苦しくて、遂に帰りがけにマッサージに寄った。

背中を中心に揉んでもらって、随分と楽になる。

漸く家でも口を利くことができる。

マッサージとか、高い気がするのだが、有る時突然、銭金ではない!という気分になるのだ。

それで、漸く昨日は寝室で寝たのだが、また睡眠薬定量の3倍飲んでしまった。

この辺はもう、眠れないという物理的な問題から、ある種依存症的な精神面での問題かもしれない。

暑さを我慢して眠気を待つという気力と体力が無くて、もう、何でもよいから強制的に今を終わらせてくれ!という心理??

しかし、睡眠薬で寝たからと言って、ピンピン元気というわけでもない。

 

明日こそは・・・、明日こそは・・・と思いながら、今日を生き延びる事に精一杯である。

 

何か、突然元気はつらつ、生きている事が楽しくて仕方が無い・・となる方法は無いだろうか。

 

スポンサードリンク