華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(65歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

猛スピードで走ってくる春。花より団子ならぬ「たちようかん」

アッという間に桜の蕾が大きくなり、もう今日は4分咲き。

週末のお花見まで持ってくれるかと心配だ。

年々春が短くなる気がする。ぱっと春になり、ぱっと夏となる。

 

たまたま、近所のスーパーに行くと佐賀県古城市(有)桜月堂の「たちようかん」を売っていた。

周りが固い小さな羊羹なのだが、よく似たお菓子が地元にもある。

でも、地元のお菓子は、周りがもっと固い。

「たちようかん」は小さなわりに羊羹の甘味がしっかり味わえる。

特に「茶」はお茶の味がほんのりして美味しい。

このスーパーは、時々地方の変わったお菓子が無造作に並ぶことがある。

こんな田舎の小さなスーパーで、遠い地方のお菓子が買える事にちょっと感動する。

150年前なら、口にする事もなかっただろう。

やはり、今の時代は豊かで贅沢な時代だと思う。

 

一昨年の今頃のブログを見てみた。

やはり花粉症に苦しんでいる。

そして、本田静六(投資の神様)著の本を読み漁っている。

2年経っても、変わらないのねぇ~とため息がでる。

彼の意見は節約と投資である。

問題は何に投資するかだよね。

タネ銭を作っているうちに寿命が尽きてしまう。

スポンサードリンク