華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(65歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

綺麗に消えてしまった私の退職金

最近の天気予報は良く当たる。

とても寒くなってきました。寒波がひしひしと襲ってきています。

先月半ばに奥歯の金具が外れてしまったのだが、歯医者の予定と、私の保険証が届かないなどの理由で今日まで診察が遅れてしまった。

流石に痛みも出始めて鎮痛剤を飲んでいる。

ちょっと体調がおかしいとそれが全体に影響されてしまう。

この寒い雪交じりの日に、電気の検針員さんが窓口で、単価を間違えてしまいました。

本社から電話をしてくると思いますが、すみません・・、と涙声で言っていた。

間違いなんて直せば良いので、どうということはないし、ミスなんて私にとってはお手の物、驚いたほどのことではない。

働くのって大変だなぁ・・と改めて思う。

 

さて、取らぬ狸の退職金を当てにして、ある人に生前贈与というほどではないが、少しまとまったお金を支援しようと思っていた。

 

www.seikotyan.com

 

なかなか連絡が来なくて、思わず使ってしまったお金もあって、これはいつのまにか消えてしまうと思って定期預金にした。

そうしたら今日メールが来て、できたら支援をという話になった。

9日の金曜日に定期にしたばかりなので、すぐ崩すのはちょっと恥ずかしいなぁ。

まぁ、金利なんてあっても無いようなもので、どうという事はない。

守教 下

守教(下)を読み終える。

なので、ちょうど、自分が食べていかれる状況で、多少なりとも余裕があれば分け与えようという気分になる。

頑張れ〇〇!

貴女に神のご加護がありますように・・

私の退職金は、この生前贈与、少々の返済や無駄使い、市県民税の支払いで綺麗に終わってしまった。

やれやれだぜ。

 

スポンサードリンク