華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

あ~、最後のお給料

と、言っても来月も出るけれど、半額だ。

65歳後再雇用は給与半額なんて、結構酷いと思うけれど、友人に職場が有るだけマシと言われる。

まぁ、それはそうだ。

会社側からすると、年金も有るし、それで補填して・・という事だろう。

おらおらでひとりいぐも

最近、この本が話題。

主人公は70代、著者は60代。

我が家も姉は70代、私は60代。

昨日は姉が自分の名前の漢字が出てこなかったとショックを受けていた。

私も「寝覚ノ床」を「ねざめのゆか」と言ってしまって、どうしよう・・と思ったことも有る。

「ねざめのとこ」を知らないはずは無いのだが、ふと忘れる。

あまりに疲れると、ほんのちょっとしたことを忘れる。

有る時は支払い、有る時は車を止めた場所。

その意味では、今の会社が手形も小切手も切っていない事につくづく感謝する。

手形や小切手の落としを忘れたら、即、不渡りを出す。

支払いの忘れは、事務員がバカで・・・、で、まぁ、そんなこんなで・・。

会社の存亡には至らない。

あ~、最後のお給料、大事に使わせて頂きます。

スポンサードリンク