華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

松本刑務所の作業品売り場へ行って来た

松本刑務所の横には作業品の販売所がある。土曜日に横を通ると、人だかりがしていた。地域理解の一環として、施設見学や露店が出ている模様だ。物見高い私は寄ってみた。ここで作られる靴が松本駅構内で時々売られているが、値段の割にしっかりしている。今回は靴は買わなかったけれど、3点をど買い物をしてしまった。結構気に入っている。

1.ペンケース
柔らかい皮の茶色のペンケース。小さめにできている。内側も皮張りがされていて、とても丁寧な仕上げになっている。
こんな感じ。
f:id:seikotyan:20171017125311j:plain
皮が柔らかくて、とても使い良さそうだ。チャックもしっかり閉まる。チャックの閉まりが緩くてペンが落ちてしまうものが有るけど、その心配はない。
私はペン類を持って歩く事が多いので、気に入った物があって、とても嬉しい。きっと数年は使うだろう。値段は税込み600円だった。安いと思う。

2.小銭入れ
やはり茶色の小銭入れ。内側はそのままだけれど、間仕切りがあるので、100円以上とそれ以下が区別されてとても便利だ。これも本革の細工。税込み280円。安い!
こんな感じ
f:id:seikotyan:20171017125405j:plain

3.帆布のバック
しっかりした大き目のバッグ。底がしっかりしていて安定感がある。和風の布で裏張りがされていて、ポケットも4か所作られている。肩かけようの紐をつなげるようになっているが、それが無くても、しっかり肩にかけられる。口は閉まる様にホックがついている。
こんな感じ。
f:id:seikotyan:20171017130307j:plain
重いのは嫌だと思っていたが、意外に軽い。一番気に入ったのは「獄」マーク。買った時は気がつかなったけれど、しっかり付いていた。
f:id:seikotyan:20171017130353j:plain
このバッグも惜しげなく使えて嬉しい。税込み2670円。細部まで丁寧に作ってあって立派。

スポンサードリンク