華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

独身高齢女性のリアルな生活

 私は末っ子だったので、比較的身の回りには年上が多い。なので、定年後の人も多くなってきたし、ご時世というべきか、諸事情で独身の女性も多い。

 

女性の年金額は少ない

 統計的に見ても女性の年金額は少ない。身の回りの人も10万円にプラスαが殆どだ。それから強制的に介護保険が取られて手取りは10万を切るという。

seniorguide.jp

 私の場合は65歳時で年間140万円だから、117,000円、そこから介護保険、健康保険を引くと、多分10万円プラスα。周りの人と足並みを揃える。

 

収入を増やす一つの方法

 年金を増やす手段としては、「繰り下げ」という方法がある。1年繰り下げると8.4%の増額となる。今時の金利を考えると8.4%は美味しいと思うべきか。5年間繰り下げられて、最大142%になる。

私の場合は1,400,000円×1.42=1,988,000円 つまり月額165600円となる。

老後の一人暮らしの生活費156953円に漸く手が届く。

moneytoday.jp

 70歳まで働かせてくれる職場が有るなら、「繰り下げ」をして働くべきだろうか。

しかし、ここに一つ、大きな問題がある。

 それは定年後の給与カット。まだ給与の話はしていないけど、多分、今より大幅カットとなるだろう。

 

リアルな私の生活費

家に入れる生活費 110000円

自動車保険     7000円

医療保険      17000円

医療費       5000円

自動車経費積み立て 10000円

慶弔積み立て    5000円

インターネット   10000円

整体代       13500円

小遣い       20000円

合計        197500円

 

 手取りで200000円位なければ暮らせない。医療保険17000円は高いのだが、10年払いで死ぬまでという保険に入った。でも、今は入院日数は少ないので、どうかなとも思うが、死ぬまで補償ということでがん保険も先進医療も付いているので頑張って払えるだけ払うつもりだ。多分、死ぬまでに家系的に癌にかかる確率は高いと思うし・・。

 後、整体代がちょっとかかっているけれど、おかげで元気で働けると思うとあまり削れない。こう考えていくと、意外に使えるお金は少ない。お小遣いの20000円も化粧品、美容院、なぜか高い歯磨き粉に結構お金がかかる。

 

www.seikotyan.com

 

副業で5~6万円稼げると良いのだが、週5日フルタイムの勤務ではなかなかほけの事に手が回らない。

 時間もお金も物も断捨離しなくちゃ!!

スポンサードリンク