華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

定年後再雇用の希望をだす

私の会社は65歳定年

60歳定年の会社が今だにあるし、65歳まで正社員で働けた事は幸せだと思わなくてはいけない。本当に田舎なので給料はそこそこだし、長く務めたわけではないので退職金がガッポリと出るわけでは無い。前年の市県民税やらなんやらで一応残らない予定だ。

 

定年後に10万円/月稼げる仕事を探してみた

年金を貰っても、それで生活が賄えるとは思えない。単身高齢女性の月額生活費は15万円というが、これにも達してい居ない。どちらにしろ働かなければいけないのは確かである。

そこでこの1年、アフリエイトにも挑戦してみた。せいぜい500~1000円/月。まぁ、何もしなければ何にもならないのだから、貴重な500円ではあるが、何とも食べていけない。

 

昨日、社長に定年後の再雇用の希望をだした

とりあえず了承してもらえたが、給与が現行の半分以下になる。もしかしたら1/3くらいかもしれない。溜息がでる。でも、65歳を過ぎて、私の実力で10万円の稼ぎができる場所が無い。残業は無し。力仕事も無し、時々多少の皮肉めいたことを言われても、年の甲で受け流す。いつまで働かせてもらえるかわからないけれど、とりあえず1年間頑張ってみようと思う。

 

なにをするにもお金が必要

黒川博行の疫病神シリーズが面白くてはまっている。もともとはAudobleで「破門」を聴いたのが始まりだけれど、今日も「国境」上下巻をキンドルで買ってしまった。このように、お金があると人生が広がる。そんない大した金額では無いが、多少の本が買えて、時々美味しい果物が買える程度の余裕がある生活だ。まぁ、お酒を飲む楽しみも、ギャンブルの楽しみも、タバコも吸わないのだから許してもらおう。先日統計で単身高齢女性の収入は半分以上が相対的貧困と書かれていたが、当然で、何を今更と思う。平成21年で貧困ラインが125万円であるが、女性で125万円以上の年金を貰う人がどの位いるか。そのわりに誰もが豊かに見えるのは、今までの貯蓄だとか、世帯の資産とかでカバーしているのだろう。だいたい、高齢者ほど収入の道なんて無いものね。それを高齢者ばかり試算があるとか、手厚い福祉なので、高齢者にも痛みをと言われると、非常に納得がいかない。じゃあ、どの位の痛みを感じろというのか。具体的に述べて頂きたい。実際に私たちは平均寿命まで飢えず、凍えず暮らしていかれるのか。

 

疫病神 (新潮文庫)

喧嘩 「疫病神」シリーズ (角川書店単行本)

螻蛄(けら)―シリーズ疫病神 (新潮文庫)

国境 上 (文春文庫)

国境 下 (文春文庫)

破門(疫病神シリーズ) DVD-BOX

面白いです。桑原は北村一輝が演じているんですね。お尻に根が生えて読んでいます。何もできなくなります。ちょっと取り扱い危険かな。この3連休にお仕事の予定(大掃除とか・)のある方は要注意。

 

ま、それにつけても、働けるだけ働こう。

 

スポンサードリンク