華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

脱サラするための資金、ざっと500万円、たかが500万円、されど500万円

 友人の息子が50歳を目前にして脱サラして、自営で生きていくと宣言した。資格はファイナンシャルプランナー。しかし、これは周りが煩いので作った名刺で、本命はこれじゃないという。何をどうしたいのか、可能性はどうなのか、あまりよく分からない。

 退職金で、家のローンは綺麗にした。借金も無い。だから大丈夫だと言っている。そっと嫁さんに訊くと、1年くらいは大丈夫のようですとのこと。本人は2年間頑張って、その後長く仕事をする基盤を築きたいとの意向だ。

 

ここまでは良い。

 

 そして昨日、友人の所に息子が現れた。「お金を貸してくれ」という。市県民税が来た。社会保険料が来た。さしあたって100万円欲しい。ダメならカードで・・とのこと。カードを使いだすのは時間の問題だろうか。カードで自滅する人は沢山知っているので、ちょっと心配だ。

 君はファイナンシャルプランナーじゃないか。そのくらい想定内だったろうに。

 勝手に必要なお金を試算してみる。前年の市県民税 40万円、国民年金2人分年間366000円、国民健康保険料36万円。これで1066000円。毎月の生活費家賃無しで15万円、これに自動車維持費3万円。約18万円~20万円。妻はパートで月5万円を稼ぐ。内、3万円を家計に入れるとする。次年度からは健康保険料、年金が必要となるから、やはり20万円で計算すると、年間240万円、2年間で480万円、大凡500万円が必要。自営を目指すからには、そのための資金も必要だろう。

 彼は人生を500万円で買ったようなもんだけれど、たかが500万円、されど500万円だな。宝くじ買おうかな。

 

 

 

スポンサードリンク