華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

ハロン湾に行ってみたい(ベトナム)

 この所、白桃烏龍とイチジクで生き延びている気がする。イチジクは本当に美味しくて、天国の果物というのは、こんな事じゃないかしら・・。なんても思いながら食べている。そして、ご飯もしっかり食べられる。睡眠もしっかり取っている。それなのに、体が重くて・・、出社するだけで立派なものだと自分を誉める。会社に行ったら、桃のお茶を飲もう、お昼のデザートにイチジクを食べようと、それだけを楽しみに車に乗る。まぁ、何でも楽しみにできることが有れば良いさ。

 さて、時々読売旅行で案内が来る。今回は「ハノイ3泊4日羽田送迎付き」である。74800円。これに保険は自己負担になるが、あまりに安い!食事も6回付、観光つきである。だいたいが、羽田まで空港タクシーで往復24000円。すると、飛行機往復、現地食事、観光付きで50800円。いったい、いくら儲かるんだろうか。他人事ながら心配だ。沖縄に行ってほとほと疲れたので、暑い時の東南アジアはちょっと心配で、姉に何度も大丈夫かと確認する(姉と旅行の予定)。多分海外に出かけるのはこれが最後と思ってはいる。なぜなら、姉の体調と姉の足が痛むので、あまり歩けないだろうと思うのだ。だから、旅行したい気持ちは強かったけれど、不安も強かった。でも、姉は大丈夫よという。姉も旅行したいのかな。添乗員付きで無いのがちょっと心配だが、世の中の人がやっていることだから何とかなるだろう。ツアーだから手配はすべて読売旅行がしてくれる。楽ちんこの上ない。現地ガイドが付く。

 今日、申込書を送った。じわじわと嬉しさが湧いてくる。海外だ。龍が降り立った湾だ。アオザイだ。日程は9月。1ヶ月は楽しめる。

スポンサードリンク