華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

300冊スタート(73)

 気候のせいで体が重い。いや、もしかしたら体重が増えているのだろうか。職場にはクーラーが無いので暑い。ただでサウナ効果バッチリである。サウナに入って、尚且つお金も貰える。何てアリガタ山の狸さんである。この所読んだ本

1.弥栄の烏 八咫烏シリーズ最終編

  シリーズだからね。読まずにはいられない。

2.とるとだす しゃばけシリーズ

  これもシリーズなので買わずにはいられない。ぐったりして、安いマッサージ屋さんができたので、そこに行ったつもりで買ってしまった。やはりハードカバーは敷居が高い。

3.嘘つきアーニャの真っ赤な真実(audibule)

  この人の本は割と買うが読めない。audibuleの方が素直に入る。マリとロシア学校時代の女友達の話。友人ってこうやって作るのか~と思いながら聴いている。語り手の魅力も大きい。

4.終わった人(audibule)

5.出口汪の使える論理学(audibule)

所々で隼新八。

 

弥栄の烏 八咫烏シリーズ6

弥栄の烏 八咫烏シリーズ6

 

 

 

とるとだす

とるとだす

 

 

嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)

嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)

 

 

終わった人

終わった人

 

 

出口汪の使える論理力 (フォレスト2545新書)

出口汪の使える論理力 (フォレスト2545新書)

 

 

はやぶさ新八御用旅(四) 北前船の事件 (講談社文庫)

はやぶさ新八御用旅(四) 北前船の事件 (講談社文庫)

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク