華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

スポンサードリンク

お中元商品は割高だなぁ・・

 甥からお中元の発送を頼まれて、県内の農園から「長野パープル」と「シャインマスカット」2房をセットにして発送してもらう様に手配した。2房で送料込みで5000円。結構高い。長野県でこの種の葡萄は露地ものが9月から10月で、7、8月だと加温ハウスになるので、やはり高い。しかしである。楽天あたりでは4房で5000円強で出ている。大凡半額である。それでもやはり高い。時期になると市場で10房くらい入った4~5kgの箱が3500円くらいで出される。そこでようやく自分の口に入ることとなる。

だいたい、自分で食べる分には値段の安定した露地もので、ハウス物なんて食べやしないけどね。初めて頼む農園なので、自分の所にも1セット送る様に頼んでみた。どんな物が送られるかちょっと心配でね。結構送る商品は見本と違うという事があるのだ。だって、送ってもらった人が、「なんか貧弱な商品で不味かった・・」なんて言わないものね。美味しかったと義理でも言うでしょうから。だから林檎を送る時も、信頼できる農園に直接頼む。スイカも同じで、決まった農園に毎年頼んでいる。まぁ、農作物なので、その年によって出来不出来も多少はあるけれど、それは仕方が無いと納得できる。しかし、自分で5000円の葡萄なんて口が曲がるわ。

 他人(甥)に頼まれて送る品には気を使う。あまりありきたりな物では仕方が無いし、目が飛び出るほど高くはお金も使えないしと頭を悩ませる。本当に、貴方にとってはつまらない物でしょうが、私が一生懸命選びました。という所だ。多少でも、甥の「お世話になっております。お変わりありませんでしょうか、珍しくもありませんが一口お召し上がりください。今後ともよろしくお願いします」という気持ちが伝わります様にと祈りながらブドウ農園にFAXを送った。

スポンサードリンク